債務整理とは?債務整理の種類を徹底解説

債務整理とは?債務整理の種類を徹底解説

任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

債務整理とはどのような手続き方法なのか?

 

債務整理とは

 

債務整理と聞くとどのようなことを思い浮かべるでしょうか?

 

「債務を整理する」ということから何となく借金返済の負担を軽くするというものだと理解する人が多いかと思います。

 

債務整理は借金を減額したり、借金の支払いを猶予してもらったり、借金返済の義務を免除してもらったりと、手続き方法によって色々な効果を発揮します。

 

債務整理には「過払い金返還請求」「任意整理」「個人再生」「自己破産」という大きく分けて4つの手続き方法に分類することができます。

 

債務整理はどの手続き方法も非常に複雑で素人が簡単に行えるような手続き方法ではないので、専門家で弁護士や司法書士に手続きを依頼して行うのが通常です。

 

では実際に手続きを行う場合にはどのような感じで行うことになるのでしょうか?

 

債務整理の種類を知ろう!

 

債務整理手続き図

 

債務整理手続きで最初に行うのは過払い金の計算です。過払い金の計算はどの債務整理方法でも行う共通の手続き方法だと思っておくといいです。

 

最初に過払い金を計算して、そのあとで残った借金について「任意整理」「個人再生」「自己破産」という債務整理方法から選んで手続きしていくということになります。

 

つまり過払い金を計算して過払い金額が大きく、過払い金だけで借金が完済できるような状況の場合は、過払い金返還請求だけで債務整理手続きは終了するということになります。

 

債務整理の種類

 

過払い金返還請求とは

 

過払い金返還請求についてはテレビのCMなどでよく流れていたので、名前くらいは知っている人も多いのではなないでしょうか?

 

過払い金は簡単に言うと払いすぎた利息を取り戻す手続き方法です。過去のグレーゾーン金利で借金返済をしていた場合、過払い金返還請求をすると払いすぎた利息が戻ってきます。

 

過払い金に関しては現在も借金返済をしている場合はもちろんですが、すでに借金を完済しているような状況でも手続きすることができるので、過去に借金返済をしていた時期がある人は調べてもらうといいです。

 

任意整理とは

 

任意整理は金融業者と交渉して借金の利息を免除してもらったり、毎月の借金返済額を軽くしてもらったり、返済期間を変えてもらうなど、生活に支障がない範囲で借金返済が行えるように返済負担を軽くしてもらえる債務整理方法です。

 

任意整理は他の債務整理方法と違って、金融業者と交渉して返済条件を見直してもらうという債務整理方法なので、裁判所がかかわることなく、面倒な手続きが少ないことから、他の債務整理方法よりも安い料金で利用することができます。

 

デメリットも小さく、債務整理手続きの中では比較的気軽に利用できる債務整理方法です。実際に債務整理の中で一番利用されている手続き方法です。

 

 

個人再生とは

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法で、任意整理よりも借金減額幅が多く、減額された借金を3年から5年くらいかけて完済していくという債務整理方法です。

 

最大で借金が10分の1まで減額されるという特徴があり、住宅ローン特則という制度を利用すると、住宅ローンを残しながら他の借金を整理することができるので、住宅などの資産を残したままで借金を整理することができます。

 

借金理由を問われない債務整理方法で、借金減額幅が大きいことから、借金額が大きい人向けの債務整理方法と言えます。

 

自己破産とは

 

自己破産は債務整理方法の中でも一番有名な債務整理手続きではないでしょうか?テレビドラマなどで取り扱われることも多い手続き方法です。

 

自己破産は裁判所で手続きを行う債務整理方法で、裁判所から認められると借金返済の義務がなくなることから実質的に借金が0円になるという債務整理方法です。

 

しかし、財産などが没収されてしまうことから安易に利用するのは危険な債務整理方法と言えます。利用前にはしっかりと弁護士などの専門家に相談してからにしましょう。

 

債務整理はこのように複数の種類がありますが、どの債務整理方法が適切な債務整理方法なのかというのは、その人の借金状況などによって違ってきます。

 

そのためどの債務整理方法が「正解」ということはないです。

債務整理に必要な基本的な資料とは

 

債務整理資料

 

債務整理を利用する場合には自分の借金状況をしっかりと知るために、あらかじめ自分の借金額や返済額などがわかる資料を集めておくようにしましょう。

 

既に紛失してしまったり、破棄してしまったものがあるかもしれないですが、手元にある分だけでも用意しておくようにしましょう。

 

具体的に必要な実録は「金融業者からの借金書や契約書の写し」「金融業者からの督促の封書やハガキ」「残高証明書」「通帳の写し」「クレジットカード」などが該当します。

 

ちなみにこれらの資料が残ってないと債務整理できないということはないので安心してください。

 

資料が自宅に残ってない場合には、弁護士を通して金融業者に資料を請求できるので問題ないです。

 

こういった債務整理の資料集めは大変ですが、最終的には債務整理を依頼する弁護士や司法書士が資料を金融業者に請求してくれるので、自宅にある範囲で借金状況のわかる書類を集めて、事前に法律事務所の担当者に見せておくといいです。

 

その資料によって「任意整理」「個人再生」「自己破産」など、どの債務整理方法があなたに適しているのか判断してくれます。

最適な債務整理方法は法律事務所の無料相談で判断しもらおう!

 

債務整理無料相談

 

債務整理手続きは「過払い金返還請求」「任意整理」「個人再生」「自己破産」という手続き方法がありますが、どの債務整理方法を利用するかどうかは当人が決めることです。

 

とは言っても債務整理のプロではない素人が自分だけで最適な債務整理方法を選べるかどうかというと疑問があります。

 

自分で利用したいという債務整理方法があったとしても、借金状況や収入状況、資産状況を見ると、別の債務整理方法の方が合っているというようなケースは少なくないです。

 

債務整理を一度利用した後に「やっぱり別の債務整理方法がよかった」ということにならないように、自分だけで債務整理方法を決めるのではなく、専門家である弁護士や司法書士からアドバイスを受けて最終的に利用する債務整理方法を選ぶといいと思います。

 

当サイトのランキングに掲載している法律事務所は、全て公式サイトなどで無料相談を行っているので、債務整理の利用を検討しているなら話を聞くだけでも参考になると思います。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県
任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ
任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用
任意整理する理由や状況から選ぶ
カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金
借金の借入先から選ぶ
アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア