クレジットカードによる借金は任意整理できるのか?

任意整理クレジットカード

 

クレジットカードによる借金は珍しいことではなく、ある意味では任意整理による借金返済の問題では当たり前ののように借金原因の一つとしてクレジットカードによる債務が含まれています。

 

クレジットカードにはショッピングローンによる借金や、キャッシングによる借金の2つの種類の借金があります。任意整理するくらい追い詰められている場合には、どちらの枠も限度いっぱい利用されているというケースも多いです。

 

最近だとキャッシング枠を使い切ってしまったのでショッピング枠を換金することで借金の自転車操業を行っているというケースもあります。

 

またクレジットカードのショッピングローンの場合には、リボ払いによって借金返済の負担を感じにくくなってしまって、気づいたら利息がどんどん増えてしまって、借金の利息を返済することすら困難な状況に追い詰められてしまったということもあります。

 

そういった意味ではクレジットカードによる借金というのは、借金の原因としては非常にポピュラーなもので、任意整理によってクレジットカードの借金を整理するという方は多いです。

 

そのためクレジットカードによるキャッシングやショッピングローンの借金を任意整理することは可能です。

 

クレジットカードを任意整理するメリット

クレジットカード任意整理メリット

 

クレジットカードを任意整理するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

いうまでもなく任意整理するとクレジットカードによる借金の返済負担が軽くなるのですが、具体的にどのような結果で任意整理によって返済負担が軽くなるのか説明しています。

 

大きく分けて3つのメリットがあると考えます。

 

クレジットカードを任意整理する3つのメリット
  • リボ払いなどの利息を免除できる
  • 最長5年で完済の見込みができる
  • 浪費などの借金理由でも整理できる

 

リボ払いなどの利息を免除できる

 

クレジットカードは非常に便利なのですが、利息は結構高くて、返済が滞ってしまうと利息が積もっていってしまってどんどん元本返済が難しい状況になってしまいます。

 

特にリボ払いを利用していると、毎月の返済額が一定なのでいつの間にかローン残高がとんでもない額になっていることも普通にあります。

 

そういった状況で任意整理を利用すると利息を免除することができるのでかなり返済負担が軽くなります。元本のみを集中して返済することができるので「利息で元本が減らない」というような状況を避けることができます。

 

最長5年で完済の見込みができる

 

任意整理は最長5年間で借金返済していくという仕組みになっているので、任意整理を利用することができれば5年での完済を見込めるということになります。

 

借金返済していてゴールが見えない返済状況だと途中で返済を投げ出したくなってしまいますが、あらかじめ返済のゴールが見えている状況なら完済する意欲も出てきます

 

任意整理を利用すれば返済計画もしっかりと作ることができ、ある程度の完済見込み時期も明確になるので完済の見込みを立てることができます。

 

浪費などの借金理由でも整理できる

 

クレジットカードによる借金で任意整理を利用する場合に、単純に買い物などの浪費による使い過ぎが原因の場合が多いと思いますが、その際に「自業自得の借金理由でも任意整理可能なの?」と思う方は結構多いです。

 

生活苦などが理由の借金なら任意整理で助けてもらえそうですが、「ブランド品などを買いすぎた」などの借金理由だと任意整理できないのでは?と不安に思うのも無理もないと思います。

 

ただ任意整理は浪費などの借金理由でも普通に利用することができ、基本的に借金理由は問われずに利用することができるので、浪費が理由でクレジットカードによる借金をつくってしまった場合でも普通に任意整理することができます。

クレジットカードを任意整理するデメリット

クレジットカード任意整理デメリット

 

クレジットカードに任意整理する場合にどんなメリットがあるのかはあらかじめしっかりと確認しておいた方がいいです。

 

任意整理を利用すれば借金返済の負担は大きく減りますが、こういった都合のいい手続きがまったくデメリットなく利用できるわけはないので、しっかりとデメリットも把握して利用するか決めましょう。

 

任意整理利用する場合のクレジットカードに関連するデメリットは下記のような3つのことが挙げられます。

 

クレジットカードを任意整理する3つのデメリット
  • 信用情報がブラックリストに登録される
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 借金を元本から減らすことが難しい

 

信用情報がブラックリストに登録される

 

任意整理に限ったことではなく債務整理手続き全般に言えるデメリットなのですが、任意整理などの債務整理手続きをすると、クレジット会社などの金融業者が加盟している信用情報機関のデータベースにブラックリストとして登録されてしまいます。

 

信用情報機関のブラックリストに登録されてると任意整理したことが信用情報機関を利用している金融業者に任整理したことが知られてしまうので、ローン審査やクレジットカード審査などに通らなくなります

 

もちろん一生ブラックリストに掲載されたままというわけではなく、任意整理の場合なら5年くらい経過すればブラックリストから削除されるので、その後は普通にローン審査やクレジットカードの審査も通るようになります。

 

ただ任意整理後数年間は新たにカードを作ることは難しくなると思っておきましょう。

 

参照:信用情報のブラックリストの詳細はこちら

 

クレジットカードが使えなくなる

 

任意整理を利用すると当たり前ですが、任意整理の対象になったカードは利用できなくなってしまいます。また信用情報がブラックリストに登録されてしまうので新しくクレジットカードも利用することができないです。

 

5年間はクレジットカードを利用できなくなってしまうので、これまで日常的にクレジットカード利用してきたという方の場合だと生活に支障が出る可能性があります。

 

ただ最近だとクレジットカードの代わりになるようなカードも出てきているので、クレジットカードが使えない間は別のカードを利用するといいと思います。

 

カードが使えないことによってクレジットカードに依存する生活から脱出するきっかけにもなるので前向きに考えるといいと思います。

 

借金を元本から減らすことが難しい

 

任意整理はクレジットカード会社などと交渉して利息を免除してもらったり、返済期間を変更してもらうなどの返済条件を変えてもらうという債務整理方法なので、自己破産や個人再生のように借金額を元本から大幅に減らすことはできないです。

 

そのため借金額が大きすぎる場合には、任意整理を利用しても返済が難しい場合もあるので、借金額が大きい場合にはあまり利用に向かない債務整理方法です。

 

また任意整理は手続き後に残った借金を返済していく必要があるので、無職などの収入のあてがないような状況だと利用することは難しく、手続き依頼したとしても弁護士や司法書士から断られると思ったほうがいいです。

クレジットカードを任意整理する注意点

クレジットカード任意整理注意点

 

クレジットカードを任意整理する場合には他の借金とは違っていくつかの注意点があります。

 

何も知らずにクレジットカードを任意整理すると後で後悔する可能性もあるので、任意整理を利用する前に知っておいた方がいいと思います。

 

知っておけば事前に対策も可能なので確認してください。

 

クレジットカードを任意整理する場合の3つの注意点
  • ショッピングローンで購入した商品の引き揚げ
  • 公共料金の引き落としがストップ
  • 任意整理対象でないカードも利用停止になる

 

ショッピングローンで購入した商品の引き揚げ

 

クレジットカードを任意整理するということは、それまで購入した商品の料金を踏み倒すこといとになってしまうので、当然ですがクレジットカードのローンが残っている商品は引き揚げられてしまうことになります。

 

特に高額商品をクレジットカードのショッピングローンで購入しているような場合にはほぼ間違いなく商品を引き揚げられてしまうと思ったほうがいいです。

 

逆に日用品などの安い商品の場合には任意整理したとしても商品が引き揚げられない可能性が高いです。

 

そのためショッピングローンが残っている商品が必ず引き揚げられるというわけではないですが、ブランド品などの高額商品は引き揚げられる可能性が高いと思っておくといいです。

 

公共料金の引き落としがストップ

 

任意整理を利用するとクレジットカードが利用できなくなってしまうので、公共料金やネット料金などをクレジットカードで引き落としているような場合には、引き落としがストップしてしまいます。

 

そのため何も知らずにそのままにしていると、いつの間にか公共料金やネット料金などの自動引き落とししているものが滞納されてしまうという状況になってしまいます。

 

ただあらかじめ知っていれば、任意整理前に支払い方法を変更したり、銀行引き落としに変えたりすることができるので問題はないと思います。

 

任意整理対象でないカードも利用停止になる

 

任意整理をすると任意整理の対象にしたクレジットカードが利用できなくなるのは当然ですが、任意整理の対象になってないクレジットカードも利用できなくなってしまうので注意しましょう。

 

クレジットカードを任意整理する場合に、「他にもクレジットカードがあるから大丈夫」と思って安易に任意整理する方もいますが、クレジットカードは更新のタイミングで与信審査を行い、そこで任意整理したことを知られてしまいます。

 

カード更新の際に任意整理したことがわかれば、当然ですが新しいカードを発行することはないので、そのまま利用できなくなってしまいます。

 

任意整理の対象になってないカードもいずれは利用停止になってしまうので注意しましょう。

任意整理の支払い中に使えるおすすめカード

任意整理支払い中おすすめカード

 

任意整理の支払い中はしばらくはクレジットカードが利用できなくなってしまうので代わりになるカードがないか考える方は多いです。

 

そこで候補になるのが「デビットカード」と「家族カード」になります。どちらも任意整理したとしても利用できるカードなので、クレジットカードの代わりになるカードを探しているなら利用を検討してはどうでしょうか。

 

デビットカード

 

デビットカードはクレジットカードとは違って利用すると口座から直接お金が引き落とされるという仕組みのカードです。つまりローンという仕組みではないことから任意整理を利用したとしても利用できるカードとして非常に便利です。

 

カードの見た目もクレジットカードとそこまで大きな違いはないので、クレジットカードと同じような感覚で利用することができるというメリットがあります。またクレジットカードのように多くの場所で利用できます。

 

実際に任意整理を利用してクレジットカードを利用できなくなった方が、クレジットカードの代わりにデビットカードを利用しているというケースは多いです。

 

家族カード

 

家族カードは、家族の誰かの名義で発行してもらうカードで、料金の支払いも名義人なので任意整理している人も利用することができます。

 

ただクレジットカードで任意整理したということは、クレジットカードによる借金返済が困難になってしまったという事実があるので、家族カードを利用する場合には名義人の方にしっかりと事情を話す必要はあると思います。

 

どうしてもクレジットカードが必要という場合には家族カードを利用するしかないですが、個人的には借金体質から脱却するためにもデビットカードに慣れておいた方がいいと思います。

まとめ

クレジットカード任意整理まとめ

 

クレジットカードによる借金は非常によくある借金問題で、任意整理を利用する方の多くの場合には、クレジットカードによる債務が含まれていることが多いです。

 

クレジットカードは便利なのでどうしても使いすぎてしまって返済に困ることが多いですが、任意整理なら借金理由を問われずに整理することができます。

 

ただ任意整理を利用する場合には、5年間はクレジットカードを利用できないということやショッピングローンで購入した商品が引き揚げられるなどのデメリットがあることを把握して利用しましょう。

 

クレジットカードは結構利息が高いので、返済できずにそのままにしていると、どんどん借金状況が悪化していってしまいます。

 

そのため借金返済の負担が少しでも重いと思ったら早めに任意整理を含めて借金問題を専門家である弁護士や司法書士に相談するといいと思います。

 

下記では任意整理に強い弁護士や司法書士をランキングにして比較しており、都道府県別にまとめているので、任意整理について無料相談を利用したいなら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金