ギャンブルによる借金は任意整理できるのか?

ギャンブル任意整理

 

ギャンブルによって借金返済できない状況になってしまって任意整理を利用して債務整理で借金返済の負担を減らしたいと思う方は多いです。

 

パチンコやパチスロ、競馬や競艇、オートレースなどギャンブルには色々ありますが、どれも中毒性があるので、ハマってしまうとギャンブル依存症のような状況になってしまい、借金があってもギャンブルをやめることができずに、どんどん借金が膨らんでしまうという状況になりかねないです。

 

ギャンブルによる借金は生活苦による借金とは違って、借金理由が自己責任のような部分もあるので任意整理できるか不安に思う方もいると思います。

 

ただ結論を言ってしまうと、ギャンブルによる借金は任意整理によって返済負担を軽くすることができます

 

任意整理に関しては借金理由が問われない債務整理方法なので、パチンコや競馬が借金理由だったとしても任意整理で返済負担を軽くすることができます。

 

そのためギャンブルによる借金返済で悩んでいるなら返済手段の一つになります。

 

ギャンブルによる借金を任意整理するメリット

ギャンブル任意整理メリット

 

ギャンブルによる借金を任整理する場合にどのようなメリットがあるのか説明しています。

 

ギャンブルによる借金を任意整理する場合にはどんなメリットがあるのかを知ってから弁護士や司法書士に相談すると話がスムーズに進められると思います。

 

ギャンブルによる借金を任意整理するメリット
  • 借金の利息を免除してもらえる
  • 家族に内緒にしながら借金整理できる
  • 車や家などの高額資産が残せる

 

借金の利息を免除してもらえる

 

ギャンブルによる借金が増えていくと、いくら返済しても利息が邪魔してなかなか元本が減っていかないという事は結構多いです。利息は結構大きな負担で、元本返済よりも利息返済の方が毎月額が大きくなっているような状況だとかなりヤバいです。

 

そのような状況だと完済の見込みがまったく立たないので、借金返済のモチベーションが保てず、借金を滞納してしまい、さらに借金状況を悪化させてしまう可能性があります。

 

ただ任意整理を利用すれば利息を免除してもらえるので、借金返済の負担が軽くなるのはもちろんですが、完済までの期間もある程度は予測することができ、先を見通すことができます。

 

家族に内緒にしながら借金整理できる

 

ギャンブルによる借金が返済できなくなってしまった場合に、家族にそれを相談するのってなかなかハードルが高いと思います。

 

自分一人の生活なら問題ないですが、家族がいるような状況でギャンブルで借金が返済できなくなってしまったということになると、家族から愛想つかされてしまう可能性もあり、相当リスクが高いです。

 

しかし任意整理なギャンブルによる借金を整理する場合に、家族に内緒で手続きを進めることができます。任意整理は個人再生や自己破産とは違って裁判所で行うものではなく、債権者と交渉して返済条件を変えてもらうという方法なので、他の債務整理方法と比べて内緒にしやすいです。

 

実際に任意整理に慣れている弁護士や司法書士は秘密厳守で手続きしてくれるところもいくつかあったります。

 

車や家などの高額資産が残せる

 

任意整理は債務整理対象にする借金を選ぶことができるので、ローンを支払っている車や、住宅ローンなどを除外してそれ以外のギャンブルなどによる借金を整理することができます。

 

そのためまだローンが残っている自動車や自宅を残しながら借金整理することができます

 

自宅や自動車などが生活必需品になっているような場合には、こういった資産を残しながら債務整理できるというのは大きなメリットだと思います。

 

自己破産の場合は全ての借金が債務整理対象になり、ローンを払い終わっていたとしても車や家などの高額資産は没収されてしまうので、生活に大きな影響を与えてしまいます。

 

そういった意味では任意整理はリスクが低い債務整理方法と言えると思います。ギャンブルで車や家を失ったら非常にマズいですからね。

ギャンブルによる借金を任意整理するデメリット

ギャンブル任意整理デメリット

 

ギャンブルによる借金を任意整理する場合には上記のように色々なメリットもありますが、都合のいいことには何かしらのデメリットもあるものです。

 

メリットを把握することも大事ですが、デメリットを知っておかないと任意整理後に後悔する可能性もあるので、あらかじめしっかりとデメリットも把握しておきましょう。

 

ギャンブルによる借金を任意整理するデメリット
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 金額が大きすぎると完済できない可能性
  • 安定した仕事がないと利用できない

 

信用情報がブラックリストに登録

 

ギャンブルによる借金を任意整理すると、金融機関が利用している信用情報機関のデータベースにブラックリストとして登録されてしまいます。

 

任意整理をすると利息など借金の一部を踏み倒すことになるので、信用情報機関に金融事故として登録されてしまうということになります。

 

信用情報機関に登録されてしまうと、任意整理したことが信用情報機関に登録されている金融業者に共有されてしまうことになるので、ローンやクレジットカードなどが利用できなくなり、借金もできなくなってしまいます

 

別にブラックリストに登録されている方にお金を貸してはいけないという決まりはないですが、普通に考えて任意整理で借金を整理している人にお金を貸す金融業者なんてないですからね。

 

ただ任意整理の場合は5年経過すればブラックリストから削除されて、普通にローンやクレジットカードも利用できるようになり、借金することもできるようになります。

 

参照:信用情報のブラックリストの詳細

 

金額が大きすぎると完済できない可能性

 

任意整理は債権者と交渉して返済条件を変えてもらったり、利息を免除してもらうという債務整理方法なので、元本を大幅に減額することはできません

 

そのためギャンブルによる借金額が大きすぎる場合には、任意整理したとしても完済することが難しい場合があります。

 

そのため利用前に、弁護士や司法書士に任意整理について相談して、自分の収入や借金額を伝えて、任意整理による借金整理で完済の見込みがあるかどうかを聞いてから利用するか検討するといいと思います。

 

もし借金額が大きすぎる場合には個人再生や自己破産を検討するといいです。

 

安定した仕事がないと利用できない

 

任意整理は借金の利息を減らしたり、返済条件を変えて返済負担を軽くすることはできますが、自己破産のように借金が全額免責されるというわけではないです。

 

そのため任意整理後に残った借金を返済できるだけの経済力があるかということが重要になってきます。任意整理しても収入がなかったら残った借金を返済できないので、まったく意味のない手続きになってしまいます。

 

そのためパチプロなどのギャンブルを専業にしているような場合だと、任意整理を利用したくても安定した収入がないということで、手続きを行う弁護士や司法書士から断られる可能性が高いです。

 

ギャンブルで生計を立てているようなプロが借金整理する場合で、安定した仕事がない場合には自己破産しか方法はないです。

ギャンブル依存症の場合は任意整理後に注意!

ギャンブル依存症任意整理

 

ギャンブルによる借金は任意整理で整理することができますが、借金整理後にまた同じように借金せずにしっかりと完済していくことが重要になってきます。

 

ただギャンブル依存症のような場合には、任意整理後にまたギャンブルがやりたくなってしまって、返済する予定のお金をギャンブルにつぎ込んでしまう可能性があります。

 

ギャンブル依存症の場合は任意整理後に2つの大きな注意点があります。それは「任意整理後の借金滞納」と「闇金からの借り入れ」です。

 

任意整理後に借金滞納するとどうなる?

 

ギャンブル依存症の場合は返済予定のお金もギャンブルに使ってしまう可能性があり、その結果として任意整理で約束されていた返済を滞納してしまうと非常にマズいことになります。

 

任意整理後に借金を滞納してしまうとせっかく任意整理交渉で和解した合意内容が無効になってしまい、借金を一括請求されてしまうことになります。

 

ただ一括請求されても返済できないと思うので、その結果、最終的には差し押さえなどがされてしまう結果になります。

 

弁護士や司法書士に依頼してせっかく合意した返済内容が無駄になってしまうのは非常にもったいないことで、このようなことになってしまった場合には個人再生や自己破産などの他の債務整理方法を行うことになってしまいます。

 

闇金から借金しないようにしよう

 

ギャンブル依存症の場合は任意整理後にお金がなくなってしまったとしても、信用情報がブラックリストに掲載されているので消費者金融を含めて一般の金融業者はお金を貸してくれなくなります。

 

任意整理に限らず債務整理をすると最低でも5年間は信用情報がブラックリストに掲載されるので、この期間は普通の金融業者から借金することができず、普通はそれが借金依存脱却への手段になります。

 

ただギャンブル依存症の場合は、どうしてもギャンブルがしたくて、普通の金融業者からお金が借りられないということで、闇金からお金を借りてしまうというケースもあります。

 

闇金は非常に厄介で、任意整理などの債務整理方法では借金整理することができず、非常に厄介なことになります。

 

すでに闇金からの借り入れがある場合には下記を参考にしてください。

 

参照:闇金からの借金の対策方法

 

 

 

 

ギャンブルによる借金額が大きい場合

ギャンブル借金個人再生自己破産

 

ギャンブルによる借金額が大きい場合には、任意整理ではなく個人再生や自己破産を選択するという方法もあります。

 

収入状況や借金状況は人によって違うと思うので、どの債務整理方法は最適なのかは弁護士や司法書士に相談して決めるとことが重要です。

 

ギャンブルによる借金を債務整理で減額する場合には、任意整理を含めた個人再生や自己破産がそれぞれ候補になります。

 

任意整理については上記で詳しく説明しているので、個人再生や自己破産の場合について簡単に説明しようと思います。

 

個人再生

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法で、任意整理とは違って借金を元本から減らすことができる強力な債務整理方法なので、任意整理では返済しきれないような借金額の場合は利用候補になります。

 

ただ手続き費用が高額で時間がかかるということや、任意整理のように借金整理の対象にしたい借金を選ぶことができないというのがデメリットです。

 

自己破産ほどのデメリットが大きくなくて、借金の減額幅が大きいことから、ギャンブルによる借金を整理することを考えるとバランスのいい債務整理方法だと思います。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産

 

自己破産は裁判所で手続きを行って、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務がなくなり、事実上借金が0円になるという非常に強力な債務整理方法です。

 

つまり自己破産が認められればギャンブルによる借金もゼロになるのですが、借金理由がギャンブルの場合には自己破産できない可能性もあります。

 

ギャンブルは、裁判所で免責が認められない「免責不許可事由」に該当するので、普通はギャンブルによる借金は自己破産することができません。

 

ただ状況によっては裁判所の判断で「裁量免責」という形で債務整理が認められる可能性があります。

 

そのためギャンブルによる借金を自己破産で整理する場合には、できるだけ自己破産手続きの経験が豊富な弁護士に依頼する必要があります。

 

参照:自己破産とは

まとめ

ギャンブル任意整理まとめ

 

ギャンブルによる借金は任意整理で整理することができますが、あまりに借金額が大きい場合には別の債務整理方法を利用することになると思います。

 

ただ任意整理は債務整理手続きの中では一番デメリットが小さくて利用しやすい債務整理方法なので、ギャンブルによる借金で債務整理手続きを検討しているなら任意整理は一番の利用候補になる手続き方法だと思います。

 

しかし任意整理は個人再生や自己破産のように裁判所で事務的に行う債務整理方法ではなく、弁護士や司法書士が金融業者などと交渉して返済条件をまとめて和解するという手続き方法なので、交渉力が必要になってきます。

 

つまり依頼した弁護士や司法書士によって和解内容の結果が違ってくる可能性があるということです。

 

優秀な弁護士や司法書士に依頼できればいいですが、そうでない経験の浅い弁護士や司法書士に依頼すると、満足のいかない結果になる可能性があるので弁護士や司法所の選び方は重要になってきます。

 

当サイトでは任意整理に強い弁護士や司法書士を都道府県別にまとめており、ランキングにして比較しています。下記では無料相談に対応している弁護士や司法書士か載せてないので、まずは気軽に無料相談から相談してはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金