レイクアルサの借金は任意整理で減額することは可能か?

レイクALSA(レイクアルサ)任意整理

 

レイクALSA(レイクアルサ)は新生銀行系列のカードローンでです。銀行系列の大手の消費者金融という事もあり利用者も多く、レイクアルサから借金がある方も少なくないです。

 

レイクアルサはテレビCMでも宣伝されているということもあり、私の地元では電車内でも広告が流れているくらいです。

 

元々はレイクという銀行カードローンでしたが、レイクALSA(レイクアルサ)になってからは消費者金融ということになって、若干以前とは事業体が違っています。とは言っても新生銀行系列なのは同じです。

 

レイクALSA(レイクアルサ)は初めてのりようなら60日間は無利息で、最短60分で融資が可能ということや、カードがなくてもネットで手続きが完了させられるということもあり、手軽に利用することができるという魅力があります。

 

手軽に利用することができるというのは大きなメリットですが、それだけに利用者も多く、利用者の中には途中で返済することができなくなってしまって借金を滞納してしまう方もいます。

 

レイクアルサに限ったことではなく、カードローンは借金の利息が高いので、一度返済が厳しい状況になると、そのまま返済が滞ってしまい、利息によって借金が雪だるま式に増えてしまう可能性があります。

 

そういった場合に自力で借金問題を解決するなら債務整理手続きの利用がベストだと思います。債務整理の中でも任意整理は一番利用されている手続き方法です。

 

レイクアルサの借金を任意整理するメリット

レイクアルサ任意整理

 

レイクアルサの借金が返済できない状況になってしまった場合に、債務整理の利用を検討する方は多いです。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という手続き方法がありますが、その中でも任意整理は一番利用されている債務整理方法です。

 

任意整理は債権者と債務者が交渉する債務整理方法で、わかりやすく説明すると、レイクアルサとこちらが手続きを依頼した弁護士や司法書士が交渉して返済条件を変更してもらうという手続き方法になります。

 

下記でレイクアルサを任意整理するメリットをまとめたので参考にしてください。

 

レイクアルサの借金を任意整理するメリット
  • レイクアルサの借金利息を免除し毎月の返済額を小さくする
  • 他の債務整理方法より依頼費用が安い
  • 自動車を手元に残しながら手続き可能
  • 借金整理対象を選べる

 

レイクアルサの借金利息を免除し毎月の返済額を小さくする

 

任意整理でレイクアルサの借金を整理すると、借金の利息を免除してもらうことができ、返済期間を延ばして毎月の返済額を小さくすることが可能です。

 

レイクアルサのような消費者金融だと借金の利息が大きいので、任意整理で借金の利息を免除してもらうだけでも、かなり返済負担が軽くなります。借金の利息が免除されれば元本返済に集中できます。

 

また、任意整理は借金の返済期間を延ばして毎月の返済額を小さくすることもできます。通常なら返済期間を延ばすと利息負担が増えることになりますが、任意整理は借金の利息が免除できるので、返済期間延長による利息負担の増加を無視することができます。

 

個人的にはレイクアルサのような借金の利息が大きい借金と任意整理は相性が良いと思うので、検討する価値は十分にあると思います。

 

他の債務整理方法より依頼費用が安い

 

債務整理で借金を整理したいけど、依頼費用が高いのではないかと懸念する方は多いです。弁護士や司法書士に手続きを依頼するのが通常なので、依頼費用が高額になるのではと不安に思う方は多いです。

 

自己破産や個人再生などの債務整理方法は裁判所で手続きを行うため、依頼費用は数十万円にもなりますが、任意整理は5万円くらいから依頼することができるので、他の債務整理方法と比べると依頼費用は安いです。

 

そのため費用面から考えても、任意整理は他の債務整理方法と比べると利用しやすいのではないかと思います。

 

自動車を手元に残しながら手続き可能

 

レイクアルサからの借金を減額したいけど、現在乗っている自動車を手放す必要があるのではないかと不安に思っている方もいると思います。

 

確かに自己破産などの債務整理方法を利用すると、自動車は高額資産になると思うので手放すことになるかと思いますが、任意整理なら自動車を手放さずに債務整理することができます。

 

そもそも任意整理の場合だと、持っている資産については問われないので、自動車や持ち家があったとしても、これらの資産をそのまま残しながら任意整理することができます。

 

自動車がなくなると生活に影響が出るという方も少なくないと思うので、任意整理のように自動車をそのまま残せる債務整理方法なら、生活への影響も小さくて済みます。

 

借金整理対象を選べる

 

借金がレイクアルサからのものだけなら問題ないですが、中には自動車ローンや連帯保証人が設定されているような借金が含まれていることもあるかと思います。

 

自動車ローンを債務整理すると、自動車がローン会社に引き上げられてしまうことになりますし、連帯保証人が設定されている借金を整理すると、連帯保証人の方に借金の請求が行ってしまいます。

 

個人再生や自己破産だと、こうした債務整理対象にしたくないような借金もまとめて整理されてしまいます。しかし任意整理なら整理したくない借金を除外して債務整理することができます。

レイクアルサの借金を任意整理するデメリット

レイクアルサ任意整理デメリット

 

レイクアルサの借金を任意整理することによって、上記のようにいくつものメリットが生じること人ありますが、逆にレイクアルサの借金を任意整理することで生じるデメリットもあります。

 

任意整理を利用するならメリットだけでなく、しっかりとデメリットも理解してから実際に手続きを利用するかどうかを決めることが重要にだと思います。

 

レイクアルサの借金を任意整理するデメリット
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 借金の元本を減らすのは難しい
  • 借入先が多いと依頼費用が高くなる

 

信用情報がブラックリストに登録

 

レイクアルサの借金を任意整理すると、信用情報がブラックリストに登録されてることになってしまって、新たに借金できなくなってしまったりクレジットカードが作れないなどのデメリットが生じることになります。

 

信用情報は借金の経歴のようなもので、信用情報機関を通じてデータベースとして他の金融機関と情報共有して、貸し出し審査やカード審査などが行われています。

 

信用情報には債務整理したという経歴も載ることになり、借金を整理したという履歴があれば、お金を貸し出した際に戻ってこない可能性があると思われるため審査に落ちることになります。

 

ただ信用情報のブラックリストは任意整理以外の債務整理方法を利用した場合にも生じるデメリットですし、借金を滞納したりしても同様のデメリットが生じるので、任意整理だけに発生する問題ではないです。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

借金の元本を減らすのは難しい

 

任意整理は借金の利息を免除したり、毎月の返済負担を減らすことは可能ですが、借金の元本を大幅に減額することは難しいと思ったほうがいです。

 

任意整理は債権者と債務者が交渉して返済条件を変えてもらうという債務整理方法なので、レイクアルサが借金の元本を減らすような損をするような条件で交渉が整理する可能性は低いということです。

 

借金の利息を免除するだけなら、元本の支払いが残るのでレイクアルサは損はしないと思いますが、元本まで減額するとレイクアルサは損をするので、そういった要求をすると交渉が決裂してしまう可能性があるということです。

 

そのため任意整理は元本を超えて大きく借金を減額することは難しいと思ったほうがいいと思います。

 

借入先が多いと依頼費用が高くなる

 

任意整理は他の債務整理方法とは違って、借入先1件当たりで依頼料金が決まっていることが多いです。そのため借入先が多く任意整理の対象にする業者が多ければ、その分だけ依頼費用が高くなります。

 

任意整理は個人再生や自己破産と違って、債務整理対象にする借金をこちらで選べるというメリットがありますが、それは借入先ごとに依頼料金が発生する仕組みだからです。

 

司法書士事務所の場合だと1件当たり5万円が相場かなと思いますが、これがレイクアルサだけを整理するなら5万円で整理することができるので安く済ますことができますが、何十件も整理することになると依頼料金は結構大きな金額になってしまう可能性があります。

 

参照:任意整理の依頼費用相場

任意整理後にレイクアルサから借入は可能?

レイクアルサ任意整理後借入

 

任意整理後に給料が減ってしまったり、突発的な支出があってお金が必要になってしまった場合に、レイクアルサから借金したいと思う方もいるかもしれないですが、任意整理後でも借金することは可能なのでしょうか?

 

結論を言うと、任意整理後すぐにレイクアルサのような金融業者から借金することは難しいと思ったほうがいいと思います。

 

任意整理をすると信用情報がブラックになるということを説明していますが、信用情報のブラックリストは5年間は残ることになるので、その間に借入審査を受けたとしても落ちる可能性が高いです。

 

信用情報のブラックリストから削除されればレイクアルサからの借入審査にも通る可能性は出てくるので、それまで借り入れは我慢することになると思います。

 

ただレイクアルサの借金を任意整理対象にしていたようなケースだと、信用情報のブラックリストから削除されたとしても借入審査に落ちる可能性があります。

 

任意整理などの債務整理情報は信用情報機関だけで管理しているわけではなく、レイクアルサのような大手の消費者金融なら、顧客情報をデータベースで管理しているのは当然のことです。そのためレイクアルサの借金を債務整理した顧客のデータも残ることになります。

 

レイクアルサなどの社内にある顧客データは、信用情報のブラックリストのように保管期限が決まってないので、ブラックリストが解除される5年を超えても、そのままデータが残ってしまうこともよくあり、社内データの債務整理履歴によって審査に落ちてしまうということがあります。

家族にバレずにレイクアルサの借金を整理する方法は?

レイクアルサ家族にバレずに任意整理

 

レイクアルサからの家族に内緒で借金している方も多いです。レイクアルサはスマホやパソコンで簡単に借りることができるので、借りるだけなら家族に秘密で簡単に借りることができます。

 

しかし借りたのはいいけど、その後返済することが難しくなってしまって、どうやって借金問題を解決したらいいのか困っている方も多いです。夫や妻に相談する方もいると思いますが、隠れて借金していたことがバレることになるので、夫婦関係が壊れる原因にもなる可能性があります。

 

そのため家族に内緒でバレずに任意整理で借金を整理することはできないのかと考える方は少なくないです。

 

結論を言ってしまうと、任意整理は他の債務整理方法と比べると家族にバレずに手続きできる可能性が高い債務整理方法です。

 

任意整理は個人再生や自己破産とは違って、裁判所が関係しない手続き方法なので、裁判所から連絡や書類が来ることはないです。また資産が没収されることもないので、手続きの過程で借金がバレる可能性は低いです。

 

任意整理は基本的に弁護士や司法書士が債権者と交渉して手続きする債務整理方法なので、依頼者が直接何かするということもあまりないので、同居家族がいたとしても、バレずに手続きできる可能性は十分にあります。

 

実際に任意整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所は「家族に内緒で手続することに対応」と謳っている事務所もあるくらいなので、レイクアルサの借金を家族にバレずに整理するなら任意整理がベストだと思います。

レイクアルサの借金は無料相談から!

レイクアルサ借金無料相談

 

レイクアルサの借金を任意整理することを検討している場合に、まずは何をすればいいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

 

任意整理の利用を検討しているなら、まずは弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用するといいと思います。

 

法律事務所の法律相談は通常は有料ですが、債務整理のような借金問題に関することについては、無料相談を受け付けている事務所も多いです。そのため借金問題の解決方法について、任意整理を含めて専門家に相談してみるといいかと思います。

 

当サイトでは借金問題を含めた任意整理手続きなどの債務整理に関して、無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので参考になると思います。

 

メールや電話で気軽に無料相談することができる事務所をまとめているので、「任意整理するかわからないけど、まずは話だけ聞きたい」という方も気軽に利用することができます。

 

借金問題の相談先で悩んでいるなら下記が参考になると思うのでよかったらご覧ください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金