任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

銀行系カードローンや消費者金融カードローンは任意整理できるのか?

カードローン任意整理

 

銀行系カードローンや消費者金融系のカードローンなどのカードローンによる借金は非常よくある借金方法のひとつで、カードローンによるキャッシングはクレジットカードと並んで借金方法として非常にポピュラーな方法の一つになります。

 

そんな銀行系カードローンや消費者金融カードローンは任意整理を利用することによって借金返済の負担を軽くすることができます

 

何となくカードローンと言えば消費者金融カードローンの方が借金問題として深刻なのではないかと思っている方も多いですが、実際には銀行系カードローンによって任意整理にまで追い込まれてしまったという方の方が多いです。

 

消費借金融などのノンバンクのカードローンの場合には総量規制による制限を受けるので、制限によって任意整理するまで借金問題で追い込まれないというセーフティーラインが働きます。

 

総量規制というのは個人の借入総額が年収の3分の1までに制限されるという規制で、このことによって借金を抑えられるという防波堤の役割があります。

 

ただ銀行系カードローンの場合には、銀行が貸金業者ではないという背景があるので総量規制の対象にならずに、過剰に貸し付けが可能だということで任意整理するまでに追い込まれてしまうという背景があります。

 

そのため実は総量規制という防波堤の効果がない銀行系カードローンによって任意整理するまでに追い詰められてしまったという方は少なくないです。

 

カードローンを任意整理するメリット

カードローン任意整理メリット

 

カードローンを任意整理すると借金の利息をカットすることができるのでその分だけ返済負担を軽くすることができます。

 

カードローンの利息は結構厄介なので、それがカットされれば、カードローンの借金額がそこまで大きくないような場合には、任意整理を利用することによって十分に借金を完済することが可能だと思います。

 

また任意整理は借金理由が問われない債務整理方法なので、カードローンで借金した理由がギャンブルや浪費などのような理由でも、問題なく手続きできるというメリットもあります。

 

さらに任意整理なら車や家などの資産を残したままで借金返済の負担を軽くすることができるので、家族に内緒にしたままで密かに借金を減らすこともでき、家や車を残せるので生活に大きな影響を及ぼす心配もないです。

 

特にカードローンによる借金を家族などに知られたくないという方には非常にありがたい債務整理ほうほうだと思います。

 

カードローンを任意整理するデメリット

カードローン任意整理デメリット

 

カードローンの任意整理では利息を免除してもらったり、借金理由を問われないことや、資産を残すことができ、家族に秘密で手続きすることができるというメリットがありますが、このような都合のいい手続きが何のデメリットもなく利用できるわけはないということです。

 

カードローンを任意整理するデメリットは大きく分けて3つほどあるので、それぞれ解説していこうと思います。

 

カードローンを任意整理する3つのデメリット
  • 信用情報がブラックリストに載る
  • 任意整理に応じてくれない可能性がある
  • 過払い金がなくて元本が減らない可能性があり

 

信用情報がブラックリストに載る

 

任意整理だけでなく債務整理手続きをすると、金融業者が登録している信用情報機関のデータベースにブラックリストとして登録されていまい、最低でも5年間は新たにローンやクレジットカードなどが利用できなくなってしまいます

 

当然ですがカードローンを申し込んだとしても信用情報のブラックリストの影響で審査に落ちてしまうのでお金を借りることが困難になってしまいます。

 

ある意味では任意整理で一番大きなデメリットになるかもしれないですが、このことによって借金体質から脱出できたという方も多いです。

 

強制的に借金できない状況になれば、生きていくために借金しない生活を心がけるようになり、結果的に借金が当たり前の生活から離れることができます。

 

また任意整理の場合ならブラックリストに載るのは5年くらいで、一生ローンやクレジットカードが利用できないわけではないので、借金をやめるいいきっかけと考えるといいと思います。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

任意整理に応じてくれない可能性がある

 

任意整理は弁護士や司法書士などの法律の専門家が、消費者金融や銀行などの金融業者を相手に交渉して借金返済の負担を軽くしてもらうという債務整理方法になります。

 

そのためもしも交渉相手の金融業者が任意整理の交渉に応じてくれない場合には任意整理を利用することができないということになります。

 

金融業者によっては会社の方針として任意整理に応じないとしている会社もあったりするので、もしそういった会社からお金を借りている場合には、任意整理を利用する場合に交渉対象から外すか、別の債務整理方法を利用するこということを考える必要があります。

 

どの金融業者が任意整理の交渉に応じてないかということは、任意整理に慣れている法律事務所なら把握していると思うので無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

 

過払い金がなくて元本が減らない可能性があり

 

消費者金融系のカードローンの場合にはグレーゾーン金利の時代があったので過払い金が発生している可能性があり、過払い金返還請求で過払い金が戻ってくれば元本が大幅に減る可能性があります。

 

ただ銀行系カードローンの場合には消費者金融系のカードローンとは違って、グレーゾーンに引っかかるような金利ではないので、過払い金返還請求してもお金が戻ってくる可能性はなく、そのため元本がほとんど減らないというデメリットがあります。

 

任意整理によって利息が免除されるので、その分の返済負担は小さくなりますが、元本が減ることはないことから、元々の借金額が大きい場合には、任意整理を利用したとしても返済しきれない可能性があります。

銀行系カードローンを任意整理する注意点

カードローン任意整理注意点

 

銀行系カードローンを任意整理する場合には他の借金とは違いいくつかの注意点があります。

 

銀行系カードローンの場合には消費者金融系カードローンとは違い、預金口座と紐づいていることが多いので、そのことによって銀行系カードローン独自の対処方法が必要になってきたりします。

 

具体的には「預金口座が凍結される」ということと「保証会社を巻き込むことになる」について考える必要があります。

 

預金口座が凍結される

 

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンとは違って預金口座とカードが紐づいているので、任意整理すると預金口座が凍結されてしまって、口座内に残ったお金と借金が相殺されるという対処が行われてしまいます。

 

この預金口座の凍結は非常に厄介で、口座が凍結されてしまうと、入金することはできても出金することができないので、給料などが振り込まれてしまった場合には、口座凍結が解除されるまで引き出せないという問題が起こります。

 

つまり何も知らずに口座が凍結されてしまって、その口座に給料が振り込まれてしまうと、引き出すことができずに生活に支障が出てしまうという可能性が出てきます。

 

また口座引き落としもストップするので、公共料金はスマホ料金、ネット回線料金などを口座引き落としにしている場合には引き落としができずに滞納することになってしまいます。

 

預金口座の凍結は銀行によって期間は違ってきますが2カ月くらいかかる場合もあるので、任意整理前にしっかりと対策しておくことが重要になってきます。

 

保証会社を巻き込むことになる

 

銀行系カードローンの場合は背後に保証会社を設定しているのが普通なので、任意整理をすると口座を凍結して保証会社に損失分を請求することになります。

 

そして保証会社からの損失補填があってから口座凍結か解除されます。つまり銀行系カードローンを任意整理すると、銀行だけではなく、保証会社も巻き込むことになります。

 

銀行の保証会社は大手消費者金融が担っていることが多く、三井住友銀行ならプロミス、みずほ銀行ならオリコやクレディセゾンという感じです。

 

銀行系カードローンを任意整理すると保証会社が代位弁済することになるので、任意整理の相手は保証会社になり、構造が複雑化してしまいます。

銀行系カードローンは任意整理できるが準備が必要!

カードローン任意整理準備

 

銀行系カードローンは任意整理することが可能ですが預金口座が凍結されるなどの色々なデメリットがあるため事前に任意整理する前に準備しておく必要があります。

 

具体的には口座凍結されるまえにあらかじめ預金口座を空にしておく必要があります。任意整理するとカードローンによる借金と預金口座内のお金が相殺されてしまうので、生活費を確保するためにも口座内のお金は事前に0円にしておきましょう。

 

また、口座内のお金の引き出しや引き落としもできないので、任意整理前にあらかじめ給料や年金の振込先を変えておくことも重要です。さらに公共料金やスマホ代、ネット代などの毎月支払う料金についても支払い方法を変えたり、引き落とし口座を変更するのを忘れないようにしましょう。

 

銀行系カードローンを任意整理する場合には口座凍結という特殊事情がありますが、保証会社から代位弁済があれば口座凍結は解除されれば普通に出金や入金が可能になります。

 

口座凍結に関してもあらかじめ準備しておけば大きなデメリットにはならないです。

まとめ

カードローン任意整理まとめ

 

カードローンに関しては消費金融系のカードローンに関しては普通に任意整理することによって借金返済の負担を軽くできる見込みがあり、手続き上はこれといった面倒なことはないと思いますが、銀行系カードローンの場合は口座凍結などの面倒なことがあります。

 

銀行系カードローンに関しては銀行だけでなく、その保証会社も巻き込んで任意整理することになるので非常に面倒です。とは言っても手続きするのは弁護士や司法書士なのでこちらはそれほどこまらないです。

 

ただ預金口座の凍結対策だけはしっかりと行う必要があり、それを忘れて任意整理してしまうと生活できなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

基本的にはカードローンに関してはよくある借金事例でもあるので、任意整理に慣れている弁護士や司法書士なら問題なく手続きしてくれると思います。

 

当サイトでは任意整理に慣れている弁護士や司法書士を地域別にランキングにしてまとめているのでよかったら参考にしてください。掲載している法律事務所は全て無料相談に対応していてるので気軽に利用してみてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア