セントラルの借金が返済できないなら任意整理を考えよう!

セントラル任意整理

 

セントラルは東京や埼玉、神奈川、岡山、愛媛、香川、高知などに店舗を構える中堅の消費者金融業者で、昭和48年創業という老舗の消費者金融でもあるため、利用者も多い消費者金融になります。

 

過払い金返還請求からも生き残っている老舗の消費者金融業者ということもあり、歴史もありしっかりとした金融業者の一つです。店舗数も多いので、大手の銀行系列の消費者金融を除くと比較的規模の大きな金融業者なのではないかと思います。

 

セントラルでは自社でCカードというカードを作っており、これは全国のセブン銀行ATMで利用することができるので、借入や返済がコンビニも可能ということもあり、かなり使い勝手は良いと思います。

 

即日融資も可能で自宅でスマホやパソコンからも気軽に申し込みが可能になっているので、近くに店舗がなくても利用できるという特徴があります。少額からの利用も可能なので、利用している方も多いかと思います。

 

実質年率は4.8%から18%になっており、他の大手消費者金融と比較してもそこまで大きな違いはなく、貸し付け条件は大手の消費者金融とそん色ないか感じがします。

 

ただこういった利用しやすい老舗の消費者金融業者なので、中にはセントラルからの借金が返済できなくなってしまったという方もいるのではないでしょうか。返済できなくなってしまったら親や友人などに借りるという方法もありますが、知り合いにお金を借りると後々トラブルの原因になるので、可能な限り自分で何とかしたほうがいいかと思います。

 

そこでセントラルからの借金問題を解決する手段として債務整理手続きが考えられます。債務整理は借金を整理できる手続きで、弁護士や司法書士に手続きを依頼して行います。ここでは債務整理の中でも利用者が多い任意整理でセントラルの借金を整理する場合について説明します。

 

セントラルの借金を任意整理するメリット

セントラル任意整理メリット

 

セントラルからの借金が返済できなくなってしまった場合に一番最初に検討する債務整理方法は任意整理だと思います。

 

ではそんな任意整理を利用してセントラルからの借金を整理する場合に、どのようなメリットが期待できるのでしょうか?下記でセントラルの借金を任意整理するメリットをまとめたので参考にしてください。

 

セントラルの借金を任意整理するメリット
  • セントラルからの借金利息免除し返済額減らせる
  • 他の債務整理方法より依頼費用が安い
  • 資産を残したままで借金を整理できる
  • 整理する借金の対象を選ぶことができる

 

セントラルからの借金利息免除し返済額減らせる

 

セントラルからの借金が返済できなくなって任意整理をすると、借金の利息が免除されたり、毎月の返済負担を小さくすることができます。

 

借金の元本を減らすことはできないですが、利息が免除されて毎月の返済負担が軽くなるだけでもかなり返済負担は違ってきます。そういった意味では借金の利息が低いと成果を期待することができない債務整理方法と言えるかもしれないです。

 

しかし不幸中の幸いでセントラルのような消費者金融は借金の中でも利息が高い部類に入る債務なので、借金の利息を免除することができる任意整理とはかなり相性が良いと思います。

 

セントラルが特別借金の利息が高いというわけではなく、消費者金融全体が高い利息なので、任意整理で借金の利息を免除するだけでも返済負担は大きく違ってきます。

 

借金の利息は借入金額によって違ってくるので、任意整理によってどの程度の金額が軽減されるかは借金状況によって違ってきますので、負担軽減額については無料相談を利用して弁護士や司法書士に確認してみるといいかと思います。

 

他の債務整理方法より依頼費用が安い

 

セントラルの借金を債務整理する場合に気になるのが依頼費用ではないでしょうか?債務整理手続きは基本的に弁護士や司法書士に手続きを依頼して行うことになるので弁護士や司法書士ヘの依頼費用が払えないのではないかと不安になる方は多いです。

 

確かに債務整理の依頼費用は大きなネックになりますが、任意整理は債務整理手続きの中でも依頼費用が安い債務整理方法だと思います。任意整理は債権者数によって依頼費用が違ってきますが、債権者がセントラルだけというケースなら5万円くらいで手続きが可能だと思います。

 

また、債務整理に関してはお金が無い方のための手続き方法なので、債務整理手続きに力を入れている事務所なら、依頼費用の支払い方法も含めて相談に乗ってくれるので、任意整理手続きと合わせて話を聞いてみるといいです。

 

資産を残したままで借金を整理できる

 

債務整理をすると資産が没収されてしまうと思っている人が多いですが、実際には問答無用で資産が没収されてしまうの自己破産くらいです。自己破産でもテレビやスマホ、パソコンなどの家電や家具などは普通に残すことができます。

 

任意整理では自動車や持ち家などの資産も普通に残すことができます。基本的に任意整理は資産の大小に影響されることはないと思って大丈夫です。そのため普段の生活への影響は非常に小さいと思います。

 

ただショッピングローンを任意整理で整理すると、代金を支払ってないということになるので、ショッピングローンで購入したものが没収されてしまう可能性があります。こういった支払い途中のローンを任意整理の対象にすると没収対象になるので注意が必要です。

 

しかし既に代金の支払いが終わっているようなものは普通に残すことができるので、これは大きなメリットだと思います。

 

整理する借金の対象を選ぶことができる

 

任意整理は整理する借金を選択できるというメリットがあります。これってあまり目立つメリットではないですが、整理する借金を選べるのは任意整理だけです。個人再生や自己破産は基本的に全ての借金が整理対象になるので、こちらで対象の借金を選ぶことができないです。

 

借金がセントラルからのものしかないということなら、まとめて債務整理しても問題ないですが、借金の中に奨学金などの連帯保証人が設定されている借金が含まれていると問題になってきます。

 

連帯保証人の設定されている借金を債務整理すると、減額された分が連帯保証人に請求されることにになるので、連帯保証人に多大な迷惑をかけることになります。

 

しかし任意整理ならこういった連帯保証人が設定されている借金を除外して債務整理することができるので、連帯保証人に迷惑をかけずに済みます。

 

他にも自動車ローンなども個人再生や自己破産だと整理対象になってしまうので、ローンを整理することによって自動車をローン会社に引き上げられてしまうことになりますが、任意整理ならこういったローンも整理対象から除外できるので、自動車をそのまま残すことが可能です。

セントラルの借金を任意整理するデメリット

セントラル任意整理デメリット

 

セントラルからの借金を任意整理すると上記のようにいくつもメリットがありますが、逆にデメリットもいくつかあります。

 

セントラルからの借金を任意整理することを考えているなら、あらかじめデメリットについてもしっかりと把握してから利用か考えるといいかと思います。何も知らずに手続きして後で後悔しても遅いですしね。

 

セントラルの借金を任意整理するデメリット
  • 手続する弁護士や司法書士によって結果が変わるかも
  • 借金の元本を大幅に減らすのは難しい
  • 債権者が多いと依頼費用が高くなる

 

手続する弁護士や司法書士によって結果が変わるかも

 

任意整理は弁護士や司法書士がセントラルなどの債権者と交渉することによって、借金の利息が免除されたり、毎月の返済額が小さくなるという債務整理方法です。

 

個人再生や自己破産などの債務整理方法はあらかじめある程度の借金減額の幅が決まっているということもあり、手続きでミスがなければ普通に借金を減額したり免除することができます。

 

しかし任意整理は裁判所が関係することなく、交渉が必要になってくる債務整理方法なので、任意整理手続きをする弁護士司法書士の交渉能力によって返済条件が変わってくる可能性があるということです。

 

当然ですが任意整理に慣れていてセントラルなどの金融業者との交渉に強い弁護士や司法書士に依頼すればスムーズに減額交渉が可能になりますが、逆に任意整理に慣れてない事務所に依頼すると、交渉が進まず、満足の行く内容で合意できなかったり、交渉が決裂して任意整理が失敗し裁判になってしまう可能性もあります。

 

そのため任意整理では他の債務整理方法よりもしっかりと弁護士や司法書士を選ばないと満足の行く結果が出ない可能性があるので注意が必要です。

 

借金の元本を大幅に減らすのは難しい

 

任意整理は依頼費用が安くて制限が少ない債務整理方法なので、セントラルからの借金が返済できなくなってしまった場合には非常に利用しやすい債務整理方法ですが、借金の減額幅が大きくはないです。

 

上記でも説明していますが、任意整理は交渉によって返済条件を変更してもらい返済負担を軽くしてもらうという債務整理方法なので、個人再生や自己破産のように強制的に借金を元本から減額するというのは難しいです。理由は借金の元本の大幅な減額ということになると債権者との合意が難しいからです。

 

そのためセントラルからの借金額が非常に大きくて、利息が免除されたくらいは完済できないというような方の場合だと任意整理は向いてないかもしれないです。

 

任意整理は完済が難しいという事なら、個人再生や自己破産などの借金を元本から減額できる債務整理方法を利用したほうがいいです。ただ個人再生や自己破産は任意整理よりも制限が厳しいので注意が必要です。

 

債権者が多いと依頼費用が高くなる

 

任意整理は個人再生や自己破産とは違って、債権者1件ごとに手続きする債務整理方法なので、依頼費用も債権者1件当たりで算出されることになります。

 

そのため債権者の数が少なければ依頼費用はかなり抑えることができますが、多重債務状態で債権者が多すぎるようなケースだと依頼費用が高額になってしましまう可能性があります。

 

ただ一方で、債権者1件ごとに依頼することができるからこそ、債務整理対象にしたくない借金を除外できるというメリットもあります。具体的には連帯保証人が設定されているような借金や、自動車ローンなどの整理対象にすると自動車がローン会社に引き上げられてしまうような借金も整理対象から除外できます。

 

個人再生や自己破産だと整理したくない借金もまとめて整理対象になってしまうので、このデメリットに関してはメリットと表裏一体という感じですね。

任意整理後にセントラルから借入は可能?

任意整理後セントラル借入

 

任意整理後にセントラルから借入が可能なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

任意整理すると借金返済の負担が軽くなりますが、借金が全額免除されるわけではないので、残った借金を手続き後に返済していく必要があります。そうした中で経済状況が変わったりして、また借金が必要になってしまうということもあるかと思います。

 

ただ結論を言うと任意整理後すぐにはセントラルから借入をするのは難しいと思ったほうがいいです。理由は信用情報がブラックリストに登録されてしまっているからです。

 

信用情報は借金の履歴情報のようなもので、信用情報機関によってデータベースとして保管されており、その情報がセントラルなどの消費者金融やクレジットカード会社、銀行など色々な金融機関に共有されています。

 

そのため任意整理などの債務整理手続きをすると、そういった状況が金融業者の間で共有されることになるので、借入審査を受けたとしても債務整理したことが知られてしまって審査に落ちることになってしまいます。ただ信用情報のブラックリストは任意整理なら5年くらい経過すれば削除されることになるので、それ以降は普通に借入審査にも通るようになると思います。

 

しかしセントラルのような中小の消費者金融の場合だと、銀行系列の大手消費者金融とは違うので、債務整理後でも返済余力が十分にあって借金額が小さいなら場合によっては借りられる可能性がないとは言い切れないです。ブラックリストに登録されている状況だと貸し出すかどうかは金融業者次第ということになります。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

家族にバレずにセントラルの借金を整理する方法は?

セントラル家族に内緒任意整理

 

セントラルからの借金が家族に内緒で借りたものだというケースは結構多いです。

 

セントラルはネットから気軽に契約することができるので、スマホからちょっとした操作によって簡単にお金を借りることができてしまうので、ちょっとした出費によってお金を借りてしまって、それが次第に大きくなってしまって最終的には返済できないくらい借金が膨らんでしまったということは普通にありえます。

 

借金が返済できなくてそのまま滞納するようなことになってしまったら、セントラルから返済の督促が来るようになるので、そのことによって家族に借金のことがバレてしまう可能性があります。

 

そうなる前に任意整理などの債務整理手続きによって、家族に内緒で借金を整理することは可能なのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと、自己破産や個人再生はハードルが高いですが、任意整理なら家族に内緒で借金を整理できる可能性があります。

 

個人再生や自己破産は裁判所で手続する債務整理方法なので、裁判所から通知や連絡が来る可能性があり、さらに場合によっては資産調査などもあるので、手続きの中で家族に借金のことがバレる可能性があります。

 

一方で任意整理は交渉によって返済条件を変えてもらうという債務整理方法なので、裁判所が関係してこないというだけでなく、資産調査などは行われないので、個人再生や自己破産と比べると圧倒的にバレる可能性は小さいです。

 

そのためセントラルから家族に内緒で借金していて、その借金を家族に秘密にして整理したいと考えているなら任意整理は十分に利用候補になる債務整理方法です。

 

参照:家族に内緒で任意整理する方法

セントラルの借金を任意整理するなら無料相談から!

セントラル任意整理無料相談

 

セントラルからの借金を任意整理する場合に最初にやるべきことは無料相談を利用して弁護士や司法書士に借金問題を相談することです。

 

任意整理は基本的に弁護士や司法書士などの専門家がセントラルなどの金融業者と交渉することによって返済条件を変更してもらうという債務整理方法なので、手続きを依頼する前に無料相談を利用して専門家から話を聞いておくのが良いです。

 

無料相談で任意整理に関する詳しい手続き内容や依頼費用、手続きに必要な期間など疑問に思ったことをしっかりと聞いておいて、その結果手続きをすると決めたら無料相談の流れから手続きを依頼するといいと思います。

 

いきなり任意整理を弁護士や司法書士に依頼するというのはハードルが高いですし、債務整理には他にも個人再生や自己破産という方法もあるので、任意整理が最善の方法なのかということを確認するためにも無料相談は利用しておいた方がいいです。

 

当サイトでは任意整理を含めた債務整理手続きに慣れている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。載せている事務所は全て無料相談に対応しているので、気軽にセントラルを含めた借金問題を相談することができます。

 

無料相談はメールや電話で気軽に利用できる事務所を載せているので、空いている時間に気軽にスマホやパソコンから借金問題を相談することができます。「とりあえず話だけ聞きたい」という方も利用しやすいようになっているので、相談先で悩んでいるなら下記を参考にしてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア