任意整理は家族や会社に内緒で借金を減額できる?

家族に内緒・秘密で任意整理

 

任意整理などの債務整理手続きを行うことで、家族や会社に借金のことが知られてしまって、家庭内トラブルになってしまったり、仕事に支障が出てしまうのではないかと心配になる方は多いです。

 

特に家族に内緒の借金がある方の場合だと、自分からではなく、任意整理などの債務整理などの債務整理手続きの中のちょっとしたきっかけで知られてしまうと、最悪の場合は離婚問題に発展してしまう可能性があります。

 

債務整理せずに借金問題を解決することができればそれに越したことはないですが、収入状況などの変化によって借金返済が難しい状況になってしまうことは普通にありえることです。

 

そして借金を滞納し続けてしまうと金融業者などの債権者は裁判によって強制執行での差し押さえを行うことになり、結局は差し押さえによって借金がバレることになります。

 

では任意整理は家族や会社に内緒で借金整理することができるのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと、任意整理なら家族に内緒で債務整理できる可能性は十分にあります。任意整理は裁判所が関係しない債務整理方法なので、個人再生や自己破産と比べると家族や会社にバレない可能性は高いです。

 

家族に任意整理や借金がバレるケースとは

任意整理家族にバレる

 

任意整理は債務整理の中では一番家族や会社に秘密にしたままで手続きできる可能性がある債務整理方法ですが、それでも家族や会社に借金のことがバレる可能性があります。

 

そこで任意整理をした場合で家族や会社に借金がバレる可能性があるケースを下記でまとめたので参考にしてください。

 

家族に任意整理や借金がバレる3つのケース
  • 連帯保証人が設定されている借金を任意整理
  • 任意整理が失敗して業者から提訴された場合
  • 任意整理で銀行口座が凍結された場合

 

連帯保証人が設定されている借金を任意整理

 

借金の中に連帯保証人が設定されているような借金を任整整理する場合には注意が必要です。

 

連帯保証人が設定されている借金を任意整理で減額すると、減額された分が連帯保証人に請求されることになります。つまり連帯保証人が設定されている借金を減額すると連帯保証人に借金のことが知られてしまうということです。

 

連帯保証人は借金している本人と同じ責任を負うことになるので、連帯保証人への請求は正当なものです。仮に家族や親戚が借金の連帯保証人になっているようなケースだと、債権者からの返済請求によって家族に借金のことがバレることになります。

 

ただ任意整理は債務整理対象にする借金を選択することができるので、こういった連帯保証人が設定されている借金を除外して借金整理すれば、連帯保証人に借金のことがバレることはないです。

 

任意整理が失敗して業者から提訴された場合

 

任意整理は金融業者などの債権者と交渉して借金返済の条件を変更してもらうという債務整理方法です。

 

そのため債権者との交渉という非常に難しい手続きがあるため、通常は弁護士や司法書士に手続きを依頼して手続きを進めてもらうことになります。ただ交渉に応じてくれるかどうかは債権者によって違ってきます。

 

中には弁護士や司法書士が交渉しても任意整理に応じてくれない金融業者もあったりします。また交渉する弁護士や司法書士が任意整理手続きに慣れてなくて、交渉に失敗してしまい債権者から借金返済を求められて提訴される可能性があります。

 

債権者から提訴されると裁判所から書類が届いたりして、そこからバレる可能性が出てきたり、最終的に資産の差し押さえということになると確実に家族にバレることになります。

 

そのため家族に借金のことを知られず、手続きを成功してもらうためにも、できるだけ任意整理の経験が豊富な弁護士や司法書士を選ぶことが重要になります。

 

任意整理で銀行口座が凍結された場合

 

任意整理に限ったことではないですが、債務整理手続きをすると銀行口座が凍結される場合もあります。

 

銀行カードローンから借金をしているような場合だと、カードローンと銀行口座が紐づいていることがあります。そんな銀行カードローンを任意整理の対象にすると、銀行は銀行口座に残っているお金と銀行カードローンを相殺するために口座を一時的に凍結します。

 

銀行口座内のお金は債務整理前に事前に移動させておけば問題ないですが、銀行口座が凍結されると、入金は可能だけど出金できないということになってしまい、公共料金などの自動引き落としもできなくなるので、こういったことから家族に借金がバレる可能性があります。

 

ただこれも任意整理なら債務整理対象を選べるので、銀行口座の凍結の可能性があるなら、事前にその銀行口座に紐づいているカードローンを任意整理対象から除外すれば口座凍結されることはないです。

 

参照:任意整理による銀行口座凍結

任意整理後に信用情報がブラックで借金がバレるケースもある

任意整理信用情報ブラックリスト

 

任意整理に限らず債務整理手続きをすると信用情報がブラックリストに登録されてしまい、そのことによって新たにローンを組めなくなってしまったりクレジットカードが作れなくなるなどの金融面でのデメリット生じることになります。

 

家族や会社にバレることなく任意整理で借金を整理することができたとしても、任意整理の場合は5年間は信用情報がブラックリストに登録されることになるので、それまでの期間はローンやカードなどでの与信審査で影響を受けることになります。

 

クレジットカードは任意整理の対象にすれば利用できなくなるのは当然で、仮に任意整理の対象にしてないクレジットカードも更新のタイミングで与信審査が行われるのでカード更新できずに利用できなくなります。

 

また住宅ローンなどのローン審査も信用情報がブラックだと通らないので、こういったことが原因で家族に任意整理したことがバレる可能性があります。

 

特に家族カードなどを利用していると、契約者が任意整理することで家族カードが利用できなくなるので、そのことによってすぐに家族に借金のことばバレる可能性があります。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

個人再生や自己破産は内緒で手続できる?

個人再生・自己破産家族に内緒

 

任意整理は借金額が小さい方向けの債務整理方法で、借金返済の条件が軽くなれば完済できる見込みがある方が利用する債務整理方法です。

 

借金額が大きくて任意整理では完済できる見込みがない場合には個人再生や自己破産などの債務整理方法を利用して借金を整理することになります。

 

ただ個人再生や自己破産などの債務整理方法は任意整理とは違って裁判所が関係する債務整理方法です。

 

そのため手続きの過程で裁判所から書類が送られてくることもありますし、任意整理と比べると手続きが複雑なので手続きが半年くらいかかることもあります。

 

また個人再生や自己破産は任意整理とは違って、債務整理対象にする借金をこちらで選ぶことができないという問題もあります。

 

こういったことから個人再生や自己破産は任意整理よりも家族にバレやすい債務整理方法ということになります。

 

特に自己破産は高額資産が没収されてしまうので、持ち家や自動車などの高額資産がある場合だと、これからは没収対象になってしまうので、こういった家族共有の資産が没収されるような状況だと家族にバレずに手続きすることは不可能ということになります。

弁護士から郵送物は事前に相談しておけば問題なし!

家族に内緒弁護士司法書士

 

任意整理が個人再生や自己破産と比べると家族にバレにくい債務整理方法だということは分かったと思いますが、手続きを依頼した弁護士や司法書士から家族に借金のことがバレるということはないのdしょうか?

 

結論を言ってしまうと、任意整理を依頼した弁護士や司法書士から借金のことばバレる可能性はかなり低いと思います。

 

そもそも弁護士や司法書士には守秘義務があるので依頼者の事を簡単にバラすようなことはしないです。

 

また任意整理手続きで依頼者である本人との連絡や書類のやり取りでも、あらかじめ家族に秘密にして任意整理したいという事を伝えておけば、連絡する時間や書類のやり取りの方法についても配慮してくれます。

 

任意整理に慣れている弁護士事務所や司法書士事務所だと、こういった「家族に秘密にして手続きしたい」という要望は多いようなので、しっかりと対応してくれると思います。

 

そのため家族に内緒にしながら手続きする方法についても、手続きに慣れている弁護士や司法書士に相談してもいいかと思います。

まとめ

任意整理家族に内緒まとめ

 

任意整理による借金整理を検討しているなら、まずは弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用するといいと思います。

 

任意整理に慣れている弁護士事務所や司法書士事務所なら、家族に内緒で任意整理することにも慣れているので、事前に家族に内緒で任意整理することができるのかを無料相談で確認しておくといいかと思います。

 

当サイトでは任意整理を含めた債務整理手続きや借金問題に関する無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので参考になるかと思います。

 

メールや電話で気軽に無料相談することができる弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので、相談先で悩んでいるなら参考になると思います。

 

「任意整理するかわからないけど、とりあえず話を聞きたい」というような場合でも、メールや電話による無料相談なら気兼ねなく相談することができると思います。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア