任意整理中の転職や就職は問題ないのか?

任意整理転職就職

 

任意整理を含めた債務整理手続きをしている最中の場合だと、家で大人しくしてないといけないのではないかと思う方もいますが、実際にはそのようなことはないです。

 

任意整理中でも転職活動や就職活動をしても問題はないです。

 

任意整理をしている最中だからということで、転職活動や就職活動に影響が生じるということはないですし、任意整理中に転職や就職ができないということになれば、収入を得ることができずに生活が困窮する可能性もあるので、大きな問題になってしまいます。

 

これは任意整理に限ったことではなく、個人再生や自己破産などの債務整理方法でも同様で、手続き中の就職活動や転職活動は制限なく行うことができるのはもちろんですが、仕事が決まったらそのまま仕事を開始しても問題です。

 

ここではそんな任意整理が転職や就職に及ぼす影響についてわかりやすく解説しようと思います。

 

任意整理したことは会社に言う義務はある?

任意整理会社に言う

 

就職活動や転職活動をしている方からよく聞かれる質問に「任意整理したことを会社に言う義務があるのか?」ということがあります。

 

任意整理したことを会社に言わなかったことで、後々トラブルになってしまったり、解雇要件になってしまうのではないかと不安に感じる方もいます。

 

ただ結論を言ってしまうと任意整理したことは会社に言う必要はないです。というか任意整理したことを採用面接などで聞かれることはないのではないかと思います。

 

面接で任意整理したかと聞かれて「してないです」と嘘を言う事は問題になる可能性はありますが、自分から任意整理したことを相手に告知しないといけないという義務はないです。

 

自己破産の場合は免責を得られるまで一部の職業で職業制限が発生するので、その場合には転職や就職でいう必要はあるかもしれないですが、任意整理の場合は自己破産のような制限はないので、聞かれなければ言う必要はないです。

 

実際に任意整理後に転職や就職をして、そのことを会社に言わない方は多いです。採用や面接の要件に借金に関するものがないなら、わざわざ自分から任意整理したことを会社に言う必要はないので安心してください。

任意整理後に転職・就職するデメリット

任意整理転職就職デメリット

 

任意整理しても転職や就職に大きな影響はなく、任意整理したことを会社に言う必要もないことから、任意整理することによる転職や就職へのデメリットはないように感じますが、全くデメリットがないというわけでもないです。

 

任意整理中や任意整理後に就職や転職する場合のデメリットとして、下記のようなデメリットが考えられるので注意しましょう。

 

転職によって給料が減る可能性がある

 

転職によって給料が上がれば問題ないですが、逆に給料が下がってしまった場合には、任意整理後の借金返済に影響が出てしまうので注意が必要です。

 

事前に給料の下がり幅がある程度わかっていれば、それを見越して任意整理以外の債務整理方法も考えることができますが、就職や転職後に事前に想定していた給料よりも安いということが判明した場合には、返済計画案に狂いが生じることになります。

 

求人情報と実際に就職してからの待遇が違うということは珍しいことではないです。最近は少なくなってきているかもしれないですが、ブラック企業の場合は良い条件で人を集めて、実際には採用条件よりも悪い待遇だということは普通にあります。

 

こういった会社に就職してしまって、想定よりも給料が安い場合に、せっかく任意整理することができても、借金返済を続けることができず、結果としてまた債務整理せざる得ないということになってしまうかの可能性があります。

 

給料日がずれることを忘れないように!

 

転職すると前の会社と給料日が変わることは珍しいことではないです。ただこれまで一定のサイクルで借金返済していたのに、急に給料日が変わってしまうことにって、手元にお金がなくなるという可能性は十分に考えられます。

 

そのため転職による給料日の変更によって、借金返済日に手元にお金がなくて借金が払えないという事になりかねないです。

 

任意整理後に借金返済が2回以上滞ると、せっかく任意整理で合意された条件を破棄されてしまい、借金の一括返済が求められることもあるので注意が必要です。

 

一回の遅れなら任意整理を依頼した司法書士や弁護士にあらかじめ遅れるということを連絡しておけば大きな問題にはならないと思いますが、そういったことが続くと問題になるので、、あらかじめ給料日がずれ込むということも想定して任意整理や転職活動を行うようにしましょう。

任意整理が会社に知られる可能性は?

任意整理会社に知られる

 

任意整理をしたことは、会社から聞かれない限りは自分から言う必要はないので、任意整理したことが会社にバレる可能性は非常に低いです。

 

特に任意整理の場合は、個人再生や自己破産のように裁判所で手続きを行う債務整理方法ではないので、国が発行する機関誌である官報にも名前が掲載されることもないので、債務整理手続きの中では一番他の人にバレにくい債務整理方法です。

 

このような特徴があるので、任意整理の場合は家族に内緒で手続することもできるため、手続きが会社に知られることはほぼないと言ってもいいです。

 

ただ場合によっては任意整理したことが会社にバレることもあるので注意が必要です。具体的には下記ような要件でバレる可能性があるので注意しましょう。

 

任意整理が会社に知られる事例
  • 金融系の会社に就職する場合は注意!
  • 入社時にクレジットカードを作る場合は注意
  • 安易なSNSの書き込みに注意

 

金融系の会社に就職する場合は注意!

 

金融系の会社の場合だとお金を取り扱う仕事ということもあり、他の業種よりもお金に関する清廉潔白な実績が求められることがあります。そのため信用情報を提出することが求められるか可能性があります。

 

任意整理をしていると信用情報がブラックリストに登録されてしまっているので、信用情報を提出すると任意整理したことが会社にバレることになります。

 

金融業などのお金に関するリテラシーのようなものが求められる業種に転職したり就職したりする場合には、過去の借金履歴について聞かれることもあるかもしれないで注意が必要です。

 

当然ですが、過去に借金トラブルがあるようなことが知られると、転職や就職で落ちる可能性は十分に考えられます。

 

しかし任意整理後5年以上経過しているような方の場合は、信用情報のブラックリストから削除されている可能性もあるので、普通に金融業に就ける可能性もあります。任意整理中や任意整理してから間もない時期の場合は注意しましょう。

 

入社時にクレジットカードを作る場合は注意

 

最近だと会社の経費精算のための社員証とクレジットカードが一体になったカードを作るように指示されることがあります。企業としても経費精算業務の手間を省くことができるので、合理的だということで導入する企業が少なくないです。

 

ただクレジットカードを作る際には信用情報が確認されることになります。任意整理をしていると信用情報がブラックリストに登録されてしまっているので、クレジットカードの審査に通らないため、そのことによって任意整理していることが会社にバレてしまう可能性があります。

 

こういった経費精算をカードで行う会社は増えていく可能性が高いので、ある意味ではこれからはこういった事例によって任意整理がバレる可能性が増えていくのではないかと思います。

 

ただ会社によっては会社名義でカードを作るところもあるので、そういったケースの場合だと、個人の信用情報がチェックされることはないので任意整理したこがバレないです。そのためケースバイケースという感じがします。

 

安易なSNSの書き込みに注意

 

SNSが普及してから、SNSによって会社に損害が発生したりするケースもあったりするので、会社側でSNSをチェックしているということもあります。

 

特に転職や就職活動をしているような方の場合は、事前にその人のことを知るためにSNSでその人の情報があるかどうかを調べたりすることもあります。

 

そのためSNSに安易に任意整理したことなどを書いていると、SNS経由で会社に任意整理したことがバレてしまう可能性があります。

 

会社でSNSまでチェックするのはやりすぎという意見もありますが、SNSによる悪評の拡散によって採用が難しくなったという会社も実際にあるため、これからはSNSチェックは当たり前という時代になるかもしれないですね。

 

そのため安易な書き込みには注意しましょう。

任意整理で解雇になる可能性はあるか?

任意整理会社解雇

 

任意整理をする上で一番気になるのが、任意整理をしたことによって会社を解雇されることがあるのかということだと思います。

 

せっかく任意整理手続きが完了して返済を進めていても、任意整理が知られてしまったことによって会社を解雇されてしまっては返済のあてがなくなってしまいます。

 

ただ結論を言ってしまうと、任意整理したからといって会社を解雇されることはないです。仮に任意整理が理由で解雇されてしまった場合には不当解雇に該当するので、会社に法的な責任が生じることになります。

 

そのため就職や転職後などの採用後に会社に任整整理したことがバレてしまった場合でも、会社を解雇されることはないです。

 

ただお金を取り扱う部署の場合だと、任意整理など過去に借金問題を抱えていた方を敬遠する可能性は考えられるので、部署移動ということになる可能性は考えられます。

 

ただ任意整理の場合は、他の債務整理方法とは違って会社にバレる可能性は低いので問題が生じる可能性は低いです。

まとめ

任意整理転職就職まとめ

 

任意整理による転職や就職への影響については、上記のようになっていますが、基本的に任意整理による就職や転職への影響はほとんどないと思ってもらっていいです。

 

任意整理は個人再生や自己破産と比べると会社に手続きがバレる可能性も低いため、どうしても会社に債務整理で借金整理したことが知られたくないという場合には非常に利用しやすい手続き方法です。

 

ただ転職や就職後の収入は任意整理後の借金返済に影響してくるので、転職や就職前にある程度の収入額が分かっているなら、任意整理の際にあらかじめ手続きをしてくれる弁護士や司法書士に話しておくといいと思います。

 

収入に対して借金額が大きすぎる場合には、任意整理では返済が追い付かないことも考えられるので、個人再生や自己破産などの別の債務整理方法を勧められる可能性があります。

 

そういった意味では転職や就職で任意整理に影響が生じるのは、新しい仕事場の収入くらいなのかなと思います。

 

任意整理に関しては下記で無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので参考にしてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金