自動車ローン・バイクローンは任意整理で減額できる?

自動車ローンバイクローンは任意整理

 

自動車ローン・バイクローンによる借金額が大きすぎて返済状況が厳しくなってしまったという方は多いと思います。

 

自動車ローン・バイクローンはどうしても金額が大きくなりがちなので、これらのローン以外にも借金を抱えているような状況だと、複数の借金によって返済負担が重くなりすぎてローンが滞ってしまうこともあります。

 

そんな自動車ローン・バイクローンですが、任意整理を利用すれば返済負担を軽くすることができます

 

任意整理は債権者と交渉して借金返済の負担を軽くするという債務整理方法で、返済日を延ばして毎月の返済額を軽くしたり、借金の利息を免除してくれるという効果を期待できます。

 

ただ任意整理をするといくつかのデメリットがあるということも知っておきましょう。

 

自動車ローンやバイクローンを任意整理するデメリット

自動車ローンバイクローン任意整理デメリット

 

自動車ローン・バイクローンを任意整理すればローン返済の負担を軽くすることができますが、全くデメリットなく返済負担が軽くなるというわけではないです。

 

では自動車ローンやバイクローンを任意整理するデメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

ローンで購入した自動車やバイクを残すことができない!

 

自動車ローンやバイクローンを任意整理で整理するということは利息などが免除れてしまうということになるので、ローンの一部が踏み倒されるということにもつながります。

 

そのため自動車ローンやバイクローンを任意整理することによって、ローンで購入した自動車やバイクが引き上げられてしまうことになります。

 

ローン購入した場合には、通常は自動車やバイクの所有権はディーラーや信販会社というのが普通です。そのためローンを支払い終わるまでは自動車やバイクが担保になっているということになります。

 

ただ契約内容は人によって違ってくるので、一概に所有権がディーラーや信販会社とは言い切れないです。気になるなら契約書を確認してみましよう。

 

信用情報がブラックリストに登録される

 

任意整理に限ったことではなく、債務整理手続きをすると、信用情報機関が管理している信用情報に債務整理したという履歴が残ってしまって、いわゆるブラックリストのよう感じになってしまいます。

 

信用情報はその人の借金の履歴のようなもので、債務整理したという記録が残るとお金に関する信用が地に落ちてしまうので、5年間くらいは新たにローンやクレジットカードが作れないというデメリットが発生します。

 

まあ、債務整理で借金の一部を減額してもらったりして踏み倒すことになってしまうので、金融機関としてはお金を貸すのが危ないと感じるのは当然のことだと思います。

 

ただ信用情報のブラックリストが残るのは任意整理の場合は5年くらいなので、それ以降は普通にローンを組んだり、クレジットカードを作ることができます。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

任意整理で自動車やバイクを手元に残す方法

任意整理自動車残す

 

自動車ローンやバイクローンを任意整理すると、ローンの一部が踏み倒されることになるので、ローン購入した自動車や車が引き上げられることになってしまいます。

 

ただ生活のために自動車バイクが必要で、どうしても引き上げられたくいと思っている方もいると思います。基本的にローンを踏み倒すと正規の料金が支払われないので、自動車やバイクが没収されることは避けられないです。

 

しかし任意整理は債務整理対象を選ぶことができる手続き方法なので、自動車ローンやバイクローン以外の借金を債務整理対象にして、自動車ローンやバイクローンはそのまま支払っていくという方法にすれば、自動車やバイクを手元に残すことができます。

 

つまり自動車ローンやバイクローン以外の借金を任意整理で返済負担を軽くして、その分を自動車ローンやバイクローンの返済に充てるということです。

 

ちなみに個人再生や自己破産などの他の債務整理方法だと、債務整理対象を選ぶことができず、全ての借金が債務整理対象になってしまうので、自動車ローンやバイクローンがある場合にはこれらもまとめて債務整理対象になってしまいます。

 

債務整理対象を選ぶことができるのは任意整理ならではのメリットです。

任意整理後に自動車ローン・バイクローンは組める?

任意整理後自動車ローン

 

任意整理後に自動車ローンをバイクローンを利用して自動車やバイクを購入したいという方もいると思います。

 

ただ任意整理すると信用情報がブラックリストに登録されてしまうので、5年間はローンやクレジットカードが利用できなくなってしまうので、新規で自動車ローンやバイクローンを利用することは難しいです。

 

普通の信販会社の自動車ローンや銀行系の自動車ローンなどは信用情報を元に審査を行うことになるので、おそらくローン審査に通ることはなく、ローンを組むことはできないと思います。

 

ただ中古車販売店の自社ローンなどの審査が緩いところなら自動車ローンやバイクローンを組める可能性があります。

 

信用情報がブラックでも自動車ローンをやバイクローンを組む方法

任意整理後自動車ローン組む方法

 

自動車ローンやバイクローンでおそらく一番審査が通りやすいのが中古車販売店が独自に行っている自社ローンの場合です。

 

中古車販売店の自社ローンの場合は、ローン審査が店舗によって違ってくるので、審査時に信用情報がブラックリストに登録されているかを細かくチェックしないところも多いです。

 

そのためしっかりとローンを返済できるだけの収入あるならローン審査が通る可能性は十分にあります。

 

そもそも中古車販売店がわざわざ信用情報機関に登録して与信審査を行ってないと思うので、ブラックで自動車ローンやバクローンを利用して自動車やバイクを所有したいなら利用を検討してはどうでしょうか。

 

ただ審査が緩い代わりに、金利が高めに設定して会ったり、連帯保証人が必要だったり、自社ローンがある中古車販売店が多くないというデメリットがあります。

 

まあ、自社ローンはリスクがあるので、金利が高めだったり、連帯保証人が必要だというのは仕方がないと思います。

 

信用情報がブラック状態だと信販会社や銀行では審査すら通らないので、選択の余地があるだけ十分アリだと思います。

まとめ

任意整理自動車ローン・バイクローンまとめ

 

自動車ローンやバイクローンは任意整理によって減額することができますが、ローンを任意整理してしまうとローン購入した自動車やバイクが引き上げられてしまうことになります。

 

そのため自動車やバイクを没収されずに借金返済の負担を軽くするなら、自動車ローンなどを除外して、それ以外のローンを任意整理で整理するという方法が考えられます。

 

また任意整理後は信用情報がブラックリストに登録されることになるので、自動車ローンやバイクローンは最低でも5年経過しないと組めないです。

 

ただ中古車販売店の自社ローンなどの審査が緩いローンを利用することによって、自動車やバイクを持てる可能性があります。他にも家族が名義人になってローンを組むという方法もあったりします。

 

任意整理については実際に手続きする前に、任意整理に強い弁護士や司法書士の無料相談を利用して、詳しい話を聞いてから手続きするか決めるのがベストだと思います。

 

当サイトでは任意整理に強い弁護士や司法書士を下記で都道府県別にランキングにしてまとめているので参考になると思います。無料相談が可能な法律事務所しか載せないので、気軽に無料相談を利用して借金問題を相談してみてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金