任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

任意整理では300万円の借金を減額することは可能か?

任意整理借金300万円

 

借金300万円は結構大きな金額です。住宅ローンや奨学金などの特殊な借金を含めれば普通にありえる借金額ではありますが、こういった借金以外に300万円の借金があるということだと返済負担は結構大きいのではないかと思います。

 

住宅ローンや奨学金は大きいですが利息はそこまで大きくないので、普通に支払っていけば元本を減らしながら返済することができます。しかし借金300万円が消費者金融やカードローン、ショッピングローンが中心という状況だと利息負担がかなり大きくなります

 

借金300万円を返済する場合には、普通に返済できているなら問題はないですが、経済状況が変化して返済が難しい状況に追い込まれてしまったということは普通にありえます。昔と違って終身雇用は崩壊しており、正社員の数は減って契約社員や派遣社員などの非正規氏雇用が増えている状況だと、いつ仕事を失っても不思議ではないです。

 

仮に経済状況が大きく変化して返済が難しい状況になってしまったらどうやって借金問題を解決すればいいのでしょうか?

 

親や親戚から借金したり、借金の時効を待つなどの方法もありますが、私が一番現実的だと思うが債務整理によって借金を整理することだと考えます。そこでここでは借金300万円を任意整理する場合についてわかりやすく解説しようと思います。

 

任意整理を利用すると300万円の借金はどのくらい減らせる?

任意整理借金300万円減額幅

 

任意整理は債務整理方法の中の手続き方法の一つで、債務者が債権者と交渉して借金の利息を免除したり、毎月の返済額を小さくしてもらうという債務整理方法になります。

 

そのため任意整理だと借金の元本を大幅に減額することは難しいため、借金の減額幅は大きくないです。では具体的に借金300万円の返済負担をどれだけ減額することができるのでしょうか?

 

まず借金300万円についてですが、一般的に額面通り300万円返済すれば完済できるというわけではないです。借金には利息があるので、実際には300万円を超える金額を返済してくことになります。

 

借金300万円の実際の返済額は400万円以上

 

借金の利息は借入先によって違ってきますが、一般的な消費者金融などから借金したケースだと、借金の年利15%で返済期間5年で計算すると月々の返済額は71369円になります。そして最終的な返済額は約430万円くらいになってきます。つまり利息だけで100万円以上も支払っているという事になります。

 

消費者金融やカードローンなどの借金は利息が高いですが、住宅ローンや奨学金などを除外すると、こういった金融業者から借金しているケースが多いと思うので、上記のような事例は普通にあり得ることだと思います。上記は5年での返済で掲載していますが、返済期間が長いとその分さらに利息が増えることになり返済額は430万円を超えてきます。

 

任意整理は借金の元本を減額することはできないですが、借金の利息を免除することはできます。つまり上記の事例だと借金の利息の約130万円を減額することができるということになります。

 

利息免除なんてあまり効果がないと思っている方もいるかもしれないですが、このように利率が大きい借金を抱えていると結構大きな成果を期待することができます。また利息が免除されれば、返済期間を延ばすデメリットもなくなるので、利息免除と返済期間を延ばすことで毎月の返済額を大幅に減らすことができます。

300万円の借金を任意整理以外の方法で整理する場合

借金300万円任意整理以外

 

任意整理で300万円の借金を整理する場合には上記のような感じで借金を減額することができますが、任意整理以外の債務整理方法で借金を整理すると、どのような成果を期待することができるのでしょうか?

 

債務整理の中で任意整理と並んで利用されることが多い、個人再生と自己破産で借金300万円を整理する場合についてそれぞれ簡単に説明しようと思います。

 

個人再生

 

借金300万円という金額は結構大きいので個人再生の利用を十分に考えられると思います。個人再生は裁判所で行う債務整理方法で、再生計画案に沿って借金を返済していくという手続き方法で、任意整理よりも借金の減額幅は大きいですが、手続きが複雑なので依頼費用は任意整理よりも高くなります

 

個人再生は最低弁済基準額と清算価値のどちらか高い金額で借金返済していくこということになるので、持っている資産が高額だと借金の減額幅が小さくなるという問題があります。

 

ちなみに借金300万円の最低弁済基準額は100万円になるので、高額資産が少なくて清算価値が100万円以下ということなら、300万円の借金を100万円まで減らせる可能性があります。つまり借金が3分の1まで減額されるということです。

 

これだけ借金が減額されれば完済の見込みを立てられる方も多くなると思うので、任意整理で完済が難しいという方は個人再生の利用を検討してもいいのではないかと思います。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

 

自己破産

 

借金300万円という状況でも収入状況や資産状況によっては自己破産の利用も候補に入ってくるのではないかと思います。

 

自己破産も裁判所で行う債務整理方法で、裁判所が免責を出すことによって借金返済の義務が免除されるという債務整理方法です。つまり借金300万円の返済が必要なくなるということになります。

 

自己破産には利用条件があったり、借金理由によっては利用できないなどの問題もありますが、個人再生を利用しても完済の見込みがないということなら利用を考える必要があります。

 

具体的には無職無収入だったり、生活保護を受給してしたり、パートやアルバイトで返済余力がないなど返済できる見込みがないということなら任意整理ではなく自己破産の利用を検討したほうがいいと思います。

 

ただ自己破産を利用すると自動車や持ち家などの高額資産を失うことになってしまうので、利用する際には自己破産後に生活にどんな影響があるのかを考慮して利用を選択したほうがいいと思います。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

借金300万円の整理に最適な債務整理方法とは

借金300万円債務整理

 

借金300万円という状況だと任意整理・個人再生・自己破産など全ての債務整理方法が選択肢に入ってくるので、収入状況や資産状況によって最適な債務整理方法は違ってきます。

 

ただ任意整理は債務整理方法の中で一番デメリットが小さくて生活への影響が小さい手続き方法なので、任意整理を第一候補として最初に検討してくといいのではないかと思います。

 

任意整理を利用すれば借金の利息を免除することができるので、借金の元本をしっかりと返済していくことができます。そのため利息が免除されて利息負担の懸念がなければ借金を完済できる見込みがある方は任意整理が候補になってくると思います。具体的には正社員でしっかりとした収入がある方に最適な債務整理なのではと思います。

 

個人再生は任意整理では完済が難しい方が利用を検討できる債務整理方法で、個人再生は借金300万円だと最低弁済基準額は100万円なので借金を100万円まで減額できる可能性があります。ただ高額資産があると借金の減額幅が不利になったりするので、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員などある程度は安定した収入があっても資産が少なく任意整理だと負担が大きいという方におすすめだと思います。

 

自己破産は個人再生でも完済が難しいケースで利用できる債務整理方法で、個人再生を利用すれば最大で借金を100万円まで減らすことができますが、それでも完済ができないということは収入が安定せず完済の見込みが立たないというケースだと思います。具体的には無職無収入だったり、生活保護を受給しているケースだなどが該当します。

 

上記はあくまでも私の独自の感覚として借金300万円での債務整理の利用方法の簡単な目安ですが、人によって状況は違ってくるのであくまでも一例として参考にしていただければ幸いです。

300万円の借金を任意整理するなら無料相談から!

借金300万円任意整理無料相談

 

300万円の借金を任意整理するなら弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用してから、実際に手続きを依頼するか決めるといいと思います。

 

実際にその債務整理方法を利用するかどうかは、しっかりと手続き後に完済の見込みが立つのかどうかが重要になってきます。任意整理をしても完済の見込みが立たない場合には別の債務整理方法を検討する必要があるので、あらかじめ見込を立てることが大事です。

 

借金300万円というケースだと、利息を免除しても元本の返済額が結構大きいので、個人再生の利用も視野に入ってくると思うので、どちらの利用が最適なのかということも含めて相談しましょう。

 

また任意整理に関しては他の債務整理方法と違って債権者との交渉が非常に重要になってくるので、できるだけ手続き経験豊富な事務所に依頼することが重要です。交渉に弱いと満足の行く返済条件で合意できない可能性があるので、無料相談で実績や経験を確認することも大事になってきます。

 

当サイトでは任意整理を含めた債務整理手続きに慣れている無料相談に対応している弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので参考にしてください。

 

メールや電話による無料相談が可能な事務所を載せており、「とりあえず話だけ聞きたい」という方も気軽に利用することができる事務所を載せているので、まずは気軽に無料相談で借金問題について相談してみてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア