任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

任意整理では500万円の借金を減額することは可能か?

借金500万円任意整理

 

借金500万円の返済が難しい状況になってしまった場合に任意整理を利用して借金を整理することは可能なのでしょうか?

 

任意整理は債務者が債権者と交渉して、借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を小さくしてもらうという手続き方法になります。債務整理方法の中では一番利用者が多い手続方法なので、借金500万円という方で利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

 

借金500万円ということになると、借入先も複数で借金理由も様々だと思います。任意整理は借金理由が問われない債務整理方法なので、利用条件はそこまで厳しくはないと思います。また任意整理は3年から5年での返済が基本になります。

 

そこでここでは借金500万円を実際に任意整理で整理する場合にどういった成果を期待することができるのかということや、任意整理を利用する場合の注意点、任意整理以外の債務整理方法で500万円の借金を整理するとどうなるのかなどを説明しています。

 

500万円の返済が難しくて任意整理を含めた債務整理手続きを検討しているなら参考になると思います。

 

任意整理を利用すると500万円の借金はどのくらい減らせる?

借金500万円任意整理減額幅

 

借金500万円は単純に計算すると5年間で完済するということだと月々の返済額が約8万3000円くらいになります。

 

月々の返済が8万円を超えるということでもかなり負担は大きいですが、普通はこの金額にさらに利息が加算されることになります。借り入れ年率が10%だとすると、月々の支払額は約10万6000円にもなります。そして総返済額は600万円を超えることになります。

 

借金額が大きくなると利息負担もその分だけ大きくなりますが、それでも利息だけで100万円を超えてくるというのは大きな負担です。借金が500万円でも実際には600万円以上返済する必要があるということです。

 

もちろん借入先の利率が低かったり、返済期間が5年よりも短ければ利息負担は少なくなりますが、逆に利率が高かったり返済期間を伸ばすと利息負担額は大きくなります。

 

任意整理なら利息を免除できる!

 

借金においては利息は大きな負担になりますが、任意整理を利用すれば利息を免除することできます。上記の例だと約100万円を超える利息が任意整理を利用することで免除できるということです。

 

また任意整理は将来の利息についても免除することが可能なので、返済期間を伸ばしても利息負担が増えるということはないです。そのため利息を免除して、返済期間を伸ばせば、毎月の返済額をかなり小さくすることができるということです。

 

ただ借金の利息が低い借金ばかりだと、任意整理したとしても免除できる利息額が小さいので大きな成果は期待できないと思います。

 

そのため任意整理は整理する借金対象を選ぶことができるので、借金の利息が高いものだけを選んで任意整理するという方法を検討してもいいと思います。そうすれば任意整理の依頼費用節約にも繋がります。

500万円の借金を任意整理以外の方法で整理する場合

任意整理以外500万円債務整理方法

 

500万円の借金は任意整理で返済負担を軽くすることができますが、個人再生や自己破産などの他の債務整理方法でも返済負担を軽くすることができます。

 

むしろ500万円という結構大きな借金額だと、任意整理よりは個人再生や自己破産を利用して借金を整理するkという方が多いのかなという感じがします。

 

個人再生や自己破産は任意整理では完済が難しいような場合に利用を検討するといいのではないかと思います。

 

個人再生

 

500万円の借金ということだと、任意整理で利息を免除したとしても元本の500万円の返済がしんどいので、任意整理では完済しきれないという方も多いと思います。

 

そうした場合に利用候補になってくるのが個人再生です。個人再生は再生計画案に沿って返済していく債務整理方法で任意整理とは違って裁判所で手続きしていくという特徴があります。ただ手続自体は弁護士に丸投げすることができるので問題はないです。

 

個人再生での借金減額幅はある程度基準があり、最低弁済額と清算価値を比較して高い方の額を返済していくことになります。ちなみに借金500万円の最低弁済額は100万円になります。つまり最大で借金を500万円から100万円の5分の1まで減らすことができるということです。

 

これまで500万円の借金が返済できないという状況だった方も、借金が100万円になれば完済の見込みを立てられる方も多いのではないかと思います。

 

ただ個人再生はこちらで整理する借金対象を選べないなど、任意整理にはないデメリットもいくつかあるので詳細は下記を参考にしてください。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

 

自己破産

 

自己破産も500万円の完済を考える上では利用候補になる債務整理方法になります。

 

自己破産は裁判所が免責を認めれば借金返済のが義務が免除されるという債務整理方法なので、500万円の借金を問題を一気に解決できる可能性があります。

 

ただ自己破産を利用すると高額資産が精算されてしまったり、一部の職業で職業制限が生じるなど生活への影響が大きいので簡単に利用することができないという背景もあります。

 

ただ500万円の借金なら個人再生を利用すれば100万円まで最大で借金を減らせるので、ある程度継続的な収入があるようなら個人再生で十分に対応することができると思います。

 

しかし無職無収入や生活保護を受給しているような方は個人再生の利用が難しいので、そういったケースなら自己破産を利用するといいと思います。高額資産がないという方なら自己破産のデメリットを軽減することができます。そのため個人再生での完済が難しい場合に自己破産を検討するといいのではないかと思います。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

借金500万円の整理に最適な債務整理方法とは

最適な債務整理方法

 

借金500万円の最適な債務整理方法については、利用者の収入や資産、借金内容によって最適な債務整理方法は違ってきます。

 

借金が消費者金融やカードローンなどが中心で元本の完済の見込みがあるということなら任意整理の利用を検討するといいです。ただ借金の元本が500万円なので普通に考えると収入にある程度の余裕がないと完済がは難しいかもしれないです。

 

私が個人的に利用者多いのではないかと考えるのが個人再生です。個人再生は500万円の借金を最大で100万円まで減額できるという大きなメリットがあります。任意整理と違って元本をがっつりと減らすことができ、借金が100万円になれば収入があまり多くない方でも完済が期待できると思います。

 

最後に自己破産は無職無収入や生活保護を受給しているなど、収入がほとんどなくて個人再生でも完済が難しいようなケースで利用を検討するといいです。高額資産がなかったりすると、手続きの一部が省略される同時廃止を利用することができるので、依頼費用や裁判に収める予納金も安く抑えられます。

 

借金500万円ということになると、借金の中に奨学金が含まれている方もいると思います。奨学金に関しては利息が低いので任意整理の利用はおすすめできないです。そのため奨学金がメインの借金というケースなら任意整理ではなく個人再生や自己破産を検討するといいです。

 

ただ奨学金には連帯保証人が設定されているので、個人再生や自己破産で奨学金を減額すると、減額した分について連帯保証人に請求が行くので注意が必要です。

500万円の借金を任意整理するなら無料相談から!

500万円任意整理無料相談

 

500万円の借金が返済できなくて困っているということならできるだけ早めに弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用するといいです。

 

借金が500万円にもなると借金の利息だけでもかなりの負担になってくると思いますし、おそらく毎月の返済額もかなりの金額だと思います。完済の見込みがあるなら問題はないですが、少しでも返済が厳しいと思ったらできるだけ早めに相談したほうがいいです。早めに相談すれば色々な債務整理方法を選択することができます。

 

借金500万円ということだと、色々な借入先から借金があると思うので、人によって最適な債務整理方法は違ってきます。借入先によって利息も違ってきますし、債務整理した際の対応も違ってきます。そのため当然ですが最適な債務整理方法も違ってきます。

 

そのため最適な債務整理を方法を知るためにも、まずは無料相談を利用して専門家の話を聞くといいと思います。無料相談なので料金もかからないですし、利用することによるデメリットもないです。無料相談を利用したからといって債務整理しないといけないということもないです。

 

当サイトではメールや電話による無料相談が可能な事務所を載せており、「とりあえず話だけ聞きたい」という方も気軽に利用することができる事務所を載せているので、まずは気軽に無料相談で借金問題について相談してみてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア