任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

法テラスで任意整理手続きしてくれるのか?

法テラス任意整理

 

法テラスを利用すれば任意整理手続きをしてくれるのではないかと思っている方もいますが、それはまったくの誤解です。

 

法テラスに借金問題を相談すれば、法テラスの方で勝手に任意整理などの債務整理手続きをしてくれて、費用も法テラスの方で負担してくれると勘違いしている方がいますが、そもそも法テラスで任意整理などの債務整理手続きを行うことはないです。

 

法テラスは「日本司法センター」とも呼ばれており、確かにお金が無い方向けに法律支援を行う機関ではありますが、法テラス自体は債務整理手続きを行っているわけではなく、あくまでも弁護士や司法書士などの有資格者を紹介したり、その費用を立て替えたりなどの支援業務を行っているだけです。

 

そのため法テラスに借金問題を相談したからといって借金問題がすぐに解決するというわけではないということは理解しておきましょう。

 

そこで法テラスを利用して任意整理を利用するメリットとデメリットを下記でまとめたのでよかったら参考にしてください。

 

法テラスを利用して任意整理するメリット

法テラス任意整理メリット

 

法テラスを利用して任意整理するメリットについてまとめました。法テラス経由で依頼すると依頼費用が安くなるのでは?などのメリットを何とかく把握している人はいますが、意外と正確なメリットを把握している方って少ないので、参考になると思います。

 

法テラスを利用するなら具体的なメリットはしっかりと把握しておきましょう。

 

法テラスを利用して任意整理するメリット
  • 依頼費用が安くなる
  • 依頼費用を立て替えてくれる

 

依頼費用が安くなる

 

法テラスを利用して任意整理手続きを行う最大のメリットは依頼費用が安くなる可能性があるということです。

 

法テラス経由で弁護士や司法書士に依頼すると依頼報酬が一般的に安くなるので、借金を抱えている状況の場合だと、依頼費用が安くなるというだけでも非常に大きなメリットだと思います。

 

とはいっても劇的に安くなるというわけではなく、しっかりと依頼費用は必要なので誤解しないようにしましょう。

 

ちなみに生活保護受給者などが自己破産手続きなどの債務整理方法を利用する場合だと、依頼費用の支払いが全額免除される可能性もあります。

 

ただ任意整理の場合だと、自己破産のように借金が全額免除されるというわけではないので、手続き後も残った借金を支払い続ける必要があります。しかし生活保護費からの借金返済は認められてないことから生活保護での任意整理利用は難しいと思ったほうがいいです。

 

依頼費用を立て替えてくれる

 

法テラスを利用して任意整理を行うもう一つのメリットは、弁護士や司法書士への依頼費用を法テラスの方で立て替えてくれるということです。

 

つまり任意整理をしたくても手元にお金がなくて着手金が払えないという場合には、法テラスに相談することで手元にお金が無い状況でも任意整理手続きを依頼することができるということになります。

 

借金返済で苦労している方は手元にお金がないケースが多いので、着手金などの初期費用を立て替えてもらえるというのはメリットになります。ちなみに立て替えてもらった費用は利息なしで分割払いが可能なので、分割払いによる負担がないというメリットもあります。

 

ただ任意整理などの債務整理手続きに力を入れている弁護士事務所や司法書士は最初から初期費用0円で分割払いに対応しているところが多かったりします。

 

任意整理に強い法律事務所を探していれば、初期費用0円、分割払い対応の事務所を選ぶことになると思うので、そこまで大きなメリットとは感じません。

法テラスを利用して任意整理するデメリット

法テラスを利用して任意整理手続きをすれば依頼費用の負担が小さくなり、支払い方法も分割の後払いにすることができるので利用しやすくなるというメリットがあります。

 

ただ一方で法テラスを利用することによるデメリットもいくつかあります。法テラスを利用する前にデメリットもあらかじめしっかりと把握するようにしましょう。

 

法テラスを利用して任意整理するデメリット
  • 利用に年収や資産制限がある
  • 経験の浅い法律事務所になる可能性もある
  • 利用審査に時間がかかる

 

利用に年収や資産制限がある

 

法テラスはお金が無い方にも法律支援が受けられるようにするという趣旨の国のサービスなので、利用する場合には収入制限資産制限があります。そのため制限以上の資産や収入がある方は利用できないというデメリットがあります。

 

収入制限
世帯人数 手取月収額の基準

家賃又は住宅ローンを負担している場合に
加算できる限度額

1人 18万2,000円以下(20万200円以下) 4万1,000円以下(5万3,000円以下)
2人 25万1,000円以下(27万6,100円以下) 5万3,000円以下(6万8,000円以下)
3人 27万2,000円以下(29万9,200円以下) 6万6,000円以下(8万5,000円以下)
4人 29万9,000円以下(32万8,900円以下) 7万1,000円以下(9万2,000円以下)

※()は東京、大阪など生活保護一級地の場合

資産制限
世帯人数 資産合計額の基準
1人 180万円以下
2人 250万円以下
3人 270万円以下
4人以上 300万円以下

 

こうしてみると結構利用条件が厳しいことがわかると思います。

 

任意整理のような比較的借金状況が軽い方向けの債務整理方法の場合だと、利用制限に引っかかってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

無職の場合はほぼ確実に利用することができますが、任意整理の場合はそもそも無職だと利用が難しいです。法テラスを利用できるのはかなり経済状況が厳しい人の場合になると思います。

 

参照:法テラスの利用条件

 

利用審査に時間がかかる

 

法テラスには上記のように利用制限があるので、実際に利用する場合には事前に利用審査を通る必要があります。しかしこの利用審査には1カ月くらいかかることもあり、事前に給与明細や課税証明、確定ん申告書の写しなど審査に必要な書類を用意する必要もあります。

 

そのため実際に法テラス経由で任意整理を依頼するためには1カ月以上期間が必要になったりします。

 

その間は当然ですが借金はそのまま支払っていく必要があり、金融業者からの督促も止めることはできないです。

 

審査に時間がかかればそれだけ借金の利息も増えていくので返済負担が大きくなってきます。さらに借金で差し押さえが迫っているような切迫した状況だと、1カ月も遅れると手遅れになってしまうこともあります。

 

この利用審査による任意整理手続の遅れは結構大きなデメリットだと思います。

 

経験の浅い法律事務所を紹介される可能性がある

 

法テラスを利用する最大のデメリットだと私が感じるのは「任意整理を依頼する法律事務所を選べない」ということです。

 

任意整理に限ったことではないですが、法テラス経由で法律事務所を選ぶ場合には特定の法律事務所を選ぶことができないので、どの法律事務所に当たるかは運にかかってきます。

 

選ばれた法律事務所が偶然任意整理に慣れている事務所だったらいいですが、逆だった場合は最悪です。

 

任意整理は債権者と交渉して借金の返済条件を決める債務整理方法なので、法律事務所の交渉能力によって結果が左右される債務整理方法です。そのため運悪く経験が浅い事務所になってしまった場合だと、交渉に失敗して訴訟になったり、満足の行く返済条件が引き出せない可能性があります。

任意整理の場合は法テラスを利用しない方がいい?

法テラス任意整理利用しない方がいい

 

任意整理を利用する際に法テラスの利用を検討している方もいると思いますが、私の個人的な意見としては、任意整理の場合は法テラスはあまり利用に向かないのではないかと思います。

 

任意整理で借金整理する方の場合だと、仕事をしていて収入が多少ある方が多く、法テラスの利用要件を満たせない方も結構多かったりします。

 

また法テラスだと法律事務所を選ぶことができないというのが致命的です。任意整理は交渉実績によって返済条件が有利になったり不利になったりするので、法テラスで安い事務所を選べたとしても、交渉に失敗されて訴訟になったり、有利な条件が引き出せなかったら意味がない手続きになります。

 

自己破産のようにあらかじめ借金の減額幅がわかっているような債務整理方法ならいいですが、任意整理のような法律事務所によって返済条件が変わる可能性がある債務整理方法では返済条件が読めないので利用が怖いです。

 

任意整理の場合だと、自分で経験豊富な事務所を選んで手続きを依頼したほうが、結果的に有利な条件で交渉できる可能性が高いので安心して手続きを依頼できます。

 

さらに任意整理などの債務整理案件に力を入れている法律事務所の場合は、依頼費用が初期費用0円で分割払いに対応している事務所が多いので、手元にお金がなくても手続きを利用できたりします。

まとめ

法テラス任意整理まとめ

 

法テラスは法律費用の補助をしてくれる非常にありがたいサービスですが、利用するためには収入要件や資産要件などの利用条件を満たしている必要があり、誰でも利用できるというわけではないです。

 

また法テラスを利用する場合には利用審査があり、その審査には数週間から1カ月くらいは必要になるので、利用する場合には審査期間も考慮して利用するか検討する必要があります。

 

法テラスは自己破産などの債務整理方法と相性が良く、自己破産の場合なら審査期間で借金の利息が増えたとしても、最終的には借金の支払いが免除されるのでそこまで大きなデメリットにはつながらないです。また自己破産ならあらかじめ借金返済の義務がなくなるという減額幅も決まっているので、法律事務所が選べなくてもデメリットは小さいです。

 

ただ任意整理は債権者と交渉する弁護士や司法書士の手腕によって返済条件が変わったりするので、こちらで意図的に経験豊富な弁護士や司法書士を選べないというのは大きなデメリットです。

 

しかし法律事務所によっては「弁護士や司法書士の方で法テラスに利用を持ち込む」という事をやっている事務所もあります。ただ全ての法律事務所が持ち込み対応しているわけではないので、持ち込みが可能かどうかは法律事務所の無料相談を利用して話を聞く必要があります。

 

下記で都道府県別に任意整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているのでよかったら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア