任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

任意整理のメリットとデメリットを把握しよう!

任意整理メリット・デメリット

 

任意整理を利用するならメリットやデメリットはしっかりと把握して手続きを利用したものです。

 

任意整理についてあまりよく知らなかったとしても、とりあえずメリットとデメリットをさえ把握しておけば、何となくどんな手続き方法なのかを知ることができると思います。

 

おそらく借金問題を抱えている方の多くは最初に任意整理を検討することになると思います。任意整理は債務整理方法の中でも一番利用されている債務整理方法なので、他の債務整理を検討する際の基準にもなると思います。

 

下記で任意整理のメリットとデメリットをまとめているので参考にしてください。

 

任意整理のメリットとは

任意整理のメリットとは画像

 

任意整理のメリットについてまずはわかりやすく解説しようと思います。任意整理ならではのメリットも多数あるので、任意整理を検討しているなら参考にしてください。

 

任意整理のメリット一覧
  • 支払の督促が止まる
  • 弁護士費用が他の債務整理方法よりも安い
  • 裁判所を通さないので手続き完了期間が短い
  • 連帯保証人が設定されている借金を除外できる
  • 借金をした原因や理由を問われない

 

支払の督促が止まる

 

任意整理を弁護士に依頼すると支払の督促が止まります。これは意外と大きいメリットで、金融会社から頻繁に督促の電話や書面が届くと精神的な負担が大きくなります。

 

これは任意整理に限ったことではなく、債務整理手続き全般に言えるメリットですが、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると受任通知が金融業者に送られることになり、それ以降は借金問題の窓口が弁護士や司法書士に移るので本人への取立てはなくなります。

 

家族に借金のことを知られたくないという方は、自宅への督促がなくなるので、家族に借金のことと知られずに整理することができるため大きなメリットだと思います。

 

弁護士費用が他の債務整理方法よりも安い

 

任意整理は他の自己破産や個人再生などの債務整理方法と比べると安いので利用しやすいというメリットがあります。弁護士や司法書士への依頼と聞くと、何となく高額な依頼費用が取られるというイメージ持つ方も多いかと思います。

 

ただ任意整理に関しては債権者1件あたり5万円くらいから手続きを依頼することができるので、そこまで費用負担も大きくないのではないかと思います。

 

ちなみに自己破産や個人再生などの裁判所で手続きを行う債務整理方法を利用すると、40万や50万円くらいは必要になってくるので、任意整理は他の債務整理方法と比べると依頼費用に関してかなり敷居が低いといえるのではないかと思います。

 

裁判所を通さないので手続き完了期間が短い

 

任意整理は債務整理の中で唯一裁判所を通さずに手続きする方法なので、他の債務整理方法と比べて手続き期間が短いです。

 

自己破産や個人再生などの手続きが複雑な債務整理方法は半年から長いと1年くらいかかってしまう可能性がありますが、任意整理は交渉によって返済条件を変えてもらうという債務整理方法なので、3カ月くらいで手続きを完了することが可能です。

 

借金問題を抱えている側としては、できるだけ早く借金を整理したいですし、任意整理が手続きが成功するのかという不安もあります。借金問題から早く立ち直るためにも、手続きが早く済むというのは大きなメリットだと思います。

 

連帯保証人が設定されている借金を除外できる

 

整理したい借金の中には連帯保証人が設定されているものも含まれている方もいると思います。ただ連帯保証人が設定されている借金を債務整理すると、連帯保証人に借金の請求が行ってしまうという問題があります。これは任意整理だけでなく個人再生や自己破産を利用した場合にも同様です。

 

ただ任意整理は整理する借金の対象をこちらで選択することができるので、連帯保証人が設定されているような借金を除外して債務整理することができます

 

ちなみに個人再生や自己破産は基本的に全ての借金が整理対象になってしまうので、連帯保証人が設定されている借金だけを除外して整理することはできないです。

 

家族が連帯保証人になっている借金があるなら、任意整理を利用することで家族に知られることなく借金を整理することができます。

 

借金をした原因や理由を問われない

 

任意整理は借金をした理由や原因に関係なく債務整理することができます

 

借金問題を抱えている方の中には、ギャンブルや浪費などによって作ってしまった借金だと債務整理で減額することはできないのではないかと心配する方もいますが、任意整理は借金に理由に関係なく手続きすることができます。

 

ちなみに自己破産はギャンブルや浪費などによる借金理由だと、免責不許可事由に該当してしまって、自己破産することができない可能性があります。

 

しかし任意整理なら借金理由がギャンブルや浪費によるものだったとしても、気にせずに手続きすることができるので大きなメリットの一つだと思います。

 

このように任意整理は債務整理の中でも非常に敷居の低い借金整理方法なので、借金の金額がそこまで高くないような場合には一番オススメできる債務整理方法になります。

任意整理のデメリットとは

任意整理のデメリットとは画像

 

任意整理を行う場合には上記のようなメリットを知ることも大事ですが、それ以上に大事なのはデメリットです。

 

任意整理にはどのような弱点があるのか知ることで、任意整理が自分に合っている債務整理方法なのか知ることができるので参考にしてはどうでしょうか。

 

下記で任意整理のデメリットをまとめたので参考にしてください。

 

任意整理のデメリット一覧
  • 支払の督促が止まる
  • 借金の減額率は他の債務整理方法よりも低い
  • 継続的な収入がないと断られることがある
  • 弁護士によって借金の減額幅が違ってくる

 

借金の減額率は他の債務整理方法よりも低い

 

任意整理は手軽に行える債務整理方法ですが、その分だけ個人再生や自己破産と比べると借金の減額率は低いです。

 

個人再生や自己破産は裁判所で手続する債務整理方法なので、ほぼ強制的に借金を減額することができますが、任意整理は債権者と交渉することによって借金返済の条件を変えてもらうという手続き方法なので、仮に大幅な借金減額を提案したとしても債権者が応じる可能性は低いです。

 

そのため任意整理では借金の元本を減らせる可能性は小さいです。借金の元本を減らすと債権者が損をする可能性があるので、借金の利息を免除するなどが返済負担軽減の一つのラインになります。

 

ただ借金の利息を減らすだけでも、消費者金融やカードローンなどだと利息負担が大きいので結構大きな借金負担軽減につながります。

 

継続的な収入がないと断られることがある

 

任意整理は借金の負担が軽くなる債務整理方法ですが、借金が全額免除になるわけではないので、任意整理後にも残った借金を返済していくことになります。

 

そのため継続的な収入がないような場合だと、任意整理しても借金が返済できないと思われてしまって、任意整理を依頼した弁護士や司法書士から手続きを断られることもあります。

 

継続的な収入がないと、いつ借金を返済できなくなるかわからないので、そのような状況で債権者から任意整理で有利な条件を引き出すことは難しいということだと思います。

 

弁護士・司法書士によって借金の減額幅が違ってくる

 

任意整理は裁判所を通さずに、金融機関と直接交渉して借金の負担状況を話し合うという債務整理方法なので、明確な借金の減額率について規定などはないので、交渉する弁護士や司法書士などによって減額幅が違ってきてしまいます。

 

交渉によって返済条件が変わる債務整理方法なので、任意整理の交渉に慣れているベテランが担当してくれれば有利な条件で任意整理できる可能性がありますが、逆に任意整理に慣れてない事務所に依頼すると、交渉に失敗してしまったりして、満足の行く結果が出ない可能性があります。

 

個人再生や自己破産と違って任意整理は借金の減額幅にダイレクトに弁護士や司法書士の力量が反映されたりするので、しっかりと依頼する弁護士や司法書士は選ぶようにしましょう。

任意整理するなら無料相談で事前に相談しよう!

任意整理無料相談

 

任意整理手続きを利用して借金を整理するなら事前に無料相談を利用して弁護士や司法書士に相談することが重要になってきます。

 

最近だと任意整理に対応している事務所の多くで無料相談をやっているので、いきなり弁護士や司法書士に任意整理を依頼する方は多くないと思います。

 

無料相談を利用して事前に依頼費用の見積もりを出してもらったり、手続きにどの程度の期間が必要になるかということだったり、任意整理に関する詳しい説明を受けることができるので、任意整理を利用するなら事前に無料相談利用してから、手続きを正式に依頼するといいと思います。

 

相談するまでは任意整理を利用するつもりだったとしても、実際に話を聞くと個人再生や自己破産を利用したほうが良いのではないかと思うようになったりすることもあるので、最終的な判断をするためにも話は聞いておきましょう。

 

当サイトでは任意整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので参考になると思います。無料相談に対応している事務所しか載せてないので、どこに相談したらいいのか悩んでいるなら参考になると思います。

 

メールや電話による無料相談が可能な事務所を載せているので、「とりあえず話だけでも聞きたい」という方にもおすすめです。詳細は下記を参考にしてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア