任意整理に限らず債務整理すると自動車が没収される可能性はある

自動車任意整理

 

任意整理などの債務整理手続きよって借金を減額すると自動車を残すことができずに没収されてしまう可能性があります。

 

そのため自動車が残せないということで借金があったとしても、なかなか債務整理手続きを決断できないという方は少なくないです。地域によっては自動車がないと生活が難しいというところもあり、自動車が生活の足になっていることもあります。

 

都心などの交通インフラが整っている地域なら自動車がなくても生活するのに不便はないですが、単純に借金を減らすために債務整理をすると、手続き後に生活に困ることになってしまって後悔することになる可能性があります。

 

ただ任意整理を含めた債務整理手続きをしたとしても、自動車を残すことができるケースは普通にあるので、ここでは自動車を残しながら借金を減らす方法についてわかりやすく解説しようと思います。

 

任意整理で自動車ローンを整理対象にすると自動車が没収される

自動車ローン任意整理没収

 

任意整理は債務整理方法の中では一番自動車を残せる可能性がある債務整理方法なので、自動車を残しながら債務整理するなら任意整理を選ぶのが一番無難だと思います。

 

ただ任意整理を利用したとしても自動車を没収されてしまうケースはあります。それが「自動車ローンを任意整理した」場合になります。

 

自動車を購入する際には通常は一括で購入することは難しいので自動車ローンを組んで購入すると思いますが、この自動車ローンを返済できないということで任意整理してしまうと自動車を没収されてしまう可能性があります。

 

自動車ローンを払っている自動車は、契約の多くで「ローンを完済するまで所有権は自動車の所有権はローン会社にある」とされているケースが多いので、途中で自動車ローンを任意整理してしまったらローン会社が自動車を没収してしまう可能性があるということになります。

 

ローン会社としては契約通りに自動車ローンを払ってくれないなら自動車を没収するというのは仕方がないとことだと思います。

 

参照:自動車ローンを任意整理する

自動車を残すなら自動車ローンは任意整理の対象外にしよう!

自動車を残す任意整理

 

自動車は自動車ローンを任意整理の多少にすると没収されてしまう可能性がありますが、それならどうすれば任意整理で自動車を残すことができるのでしょうか?

 

答えは単純で自動車ローンを任意整理の対象から除外すれば自動車ローンを任意整理することがないので、そのまま自動車を手元に残すことができます。

 

ただこのように借金やローンをによって債務整理するかどうかを決められる手続き方法は任意整理だけです。

 

個人再生や自己破産は全ての借金が整理対象になってしまうので、自動車ローンだけを除外して借金を減額したいと思ったとしても、そういったことはできず自動車ローンもまとめて整理されてしまいます。

 

そのため自動車ローンがある状態で自動車を手元に残したいなら任意整理しか方法はないと思ったほうがいいです。

自動車ローンを完済している場合に任意整理するとどうなる?

自動車ローン完済任意整理

 

自動車ローンを既に完済している自動車が手元にあるケースだとどうなるのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと任意整理を利用する場合になら、自動車はそのまま手元に残しておくことができます

 

任意整理で自動車が没収されてしまう可能性があるは、あくまでも自動車ローンを任意整理の対象にしてしまった場合なので、既にローンを完済しているならそのまま自動車は手元に残しておけます。

 

また任意整理なら自動車を残したとしても、任意整理手続で借金返済の負担軽減に不利になることはないので安心して手続きを任せて大丈夫です。

 

ただこれはあくまでも任意整理の場合で、個人再生や自己破産の場合は自動車ローンを完済していたとしても、自動車が手元にあると手続きに影響が出る可能性があります。

個人再生や自己破産では自動車は残せるの?

車を残す個人再生自己破産

 

任意整理では自動車ローンを債務整理の対象にしなければ手元に自動車を残すことは可能ですが、個人再生や自己破産を利用する場合は事情が違ってきます。

 

個人再生と自己破産を利用するケースでの自動車の取り扱いについて簡単にまとめてみたので参考にしてください。

 

個人再生で自動車は手元に残せるのか?

 

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で借金の減額幅が大きいという特徴がありますが、任意整理のように借金を整理する対象を選ぶことはできないので、自動車ローンを債務整理の対象から除外したいとしてもそれは不可能です。

 

そのため自動車ローンが残っているなら個人再生をするとローンが整理対象になってしまうので自動車を残すことはできないです。

 

自動車ローンを完済しているならどうなのでしょうか?

 

自動車ローンを完済しているなら個人再生を利用しても整理対象にはならないのでそのまま自動車を残すことはできますが、自動車は資産として扱われるので、清算価値として計上されることになり、そのことによって借金の減額幅に影響する可能性があります。

 

つまりローンを完済していれば自動車は残せますが、その分資産が増えることになるので、個人再生の借金減額幅が小さくなるという影響が出る可能性があるということになります。

 

自己破産で自動車は手元に残せるのか?

 

自己破産は裁判所が免責を認めると借金返済の義務がなくなるので、借金が事実上ゼロになる債務整理手続きになります。そのため借金額が大きい方からすると非常に利用しやすい債務整理方法です。

 

自動車ローンが残っている場合は、自己破産するとで自動車ローンも債務整理の対象になるので自動車を残すことはできないです。自己破産も個人再生と同様に借金整理の対象を選べないので、自動車ローンがある状況で自己破産すれば整理対象になります。

 

自動車ローンを完済しているなら自動車は残せるのでしょうか?

 

自己破産は借金が全額免除されるという強力な債務整理方法なので高額資産は没収されるというデメリットがあります。そのため自動車もその高額資産に該当することになり、自己破産すると自動車は没収されてしまいます

 

ただ自動車の評価額が20万円以下なら高額資産とはみなされないことがあり、そのため自動車が没収されない可能性があります。

 

このあたりは裁判所によって運用基準が違ってくるので、自己破産を検討する場合には詳しい基準などを確認しておくといいです。

自動車ローンが残っている場合で自動車を残すなら任意整理!

車を残す任意整理まとめ

 

まとめると自動車ローンが残っているような状況で自動車を残しながら債務整理で借金負担を軽くしたいなら任意整理を利用するのがベストの選択になります。

 

ローンを完済しているなら任意整理や個人再生なら自動車を残せる可能性があり、自己破産は処分評価額が20万円以下の自動車なら残せる可能性があります。

 

こうしてみると任意整理なら自動車ローンが残っていてもローンを完済していても自動車を残せる可能性があるため、自動車への影響を排除しながら借金の負担を軽くするということが可能です。

 

そのため「どうしても自動車を手放したくないけど借金は減らしたい」というなら十分に利用候補になる債務整理方法だと思います。

 

ただ人によっては任意整理よりも最適な債務整理方法があるかもしれないので、まずは債務整理手続きを行っている弁護士や司法書士の無料相談を利用して専門家に詳しい話を聞いてみるといいです。

 

メールや電話で無料相談を受け付けている法律事務所を載せているので、まずは気軽にメールや電話の無料相談を利用して借金問題にについて相談してはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金