任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

任意整理の再和解で返済するケース

任意整理の再和解で返済するケース年画像

任意整理の再和解で返済するケースというものがあります。具体的には債務整理で任意整理をして借金を返済していたが、途中で支払いが困難になってしまったというケースの場合になります。そういった場合には任意整理の再和解で返済することができます。

 

そのまま支払いが困難になってしまって支払いが滞ることになると面倒なことになるので、支払いが難しくなってきたら弁護士などの法律の専門家に任意整理の再和解をしてもらうようにしましょう。

 

ではそもそも任意整理の再和解とはどのようなものなのでしょうか?

 

任意整理の再和解とは?

 

任意整理をすると借金の返済期限や利息などが変更になり、返済が楽になります。しかし任意整理後に経済状況が変わって、任意整理で金融会社などと和解した条件での返済が厳しくなることは普通にありえることです。その際に再度、金融機関と交渉して返済の条件などを変えてもらうのが再和解になります。

 

任意整理をするとずっとその条件で返済しないといけないと思っている人もいますが、実際には再和解によって返済条件を変更することができるので、途中で返済が厳しくなったら、債務整理に慣れた法律事務所に再和解について相談してみるといいです。

 

再和解せずに返済が滞るとどうなるの?

再和解せずに返済が滞るとどうなるの?画像

借金返済で任意整理で合意した条件で返済を続けていたけど、途中で返済が難しくなったので、返済が滞ってしまったということはありえることです。

 

しかしそれは任意整理で合意した返済条件を反故にすることになります。

 

再和解せずに任意整理で合意した条件を無視して返済を滞らせてしまうと、和解契約書に含まれた「返済が滞った場合の規定」に記載された処置が行われることになります。

 

具体的には「借入金とは別に損害金を請求する」ということや「残額を一括返済する」などの記載がある場合が一般的なようです。

 

返済が滞った場合の処置については任意整理の和解契約書に記載があるので、確認した方がいいです。

 

状況次第では裁判に発展することもあり、そのままにしていると強制執行されてしまうこともあるので、債務整理で合意した内容を一方的に反故するのはリスクが大きいです。

返済が難しいようなら早めに再和解を申し入れよう

返済が難しいようなら早めに再和解を申し入れよう画像

任意整理での返済条件で返済が難しくなってきたら、早めに再和解を申し入れるといいです。

 

返済を滞らせると上記のようにめんどうなことになるので注意が必要です。

 

再和解は悪いことではないので返済が厳しくなたら早めに申し込むことが大事になります。

 

ただ再和解を申し込む際に個人で行うと交渉が難航になるので注意が必要です。

 

一度任意整理で合意した条件をこっちから見直してもらうように交渉するわけですから、前に任意整理で合意したよりも高度な交渉能力が必要になってきます。

 

個人で再和解の交渉を行うのは無理があるので、普通は債務整理に慣れた法律事務所に依頼するのが通常です。

 

そもそもすべての金融機関が再和解の交渉に応じてくれるというわけではないです。

 

再和解の場合には前に任意整理で合意した内容での返済が厳しくなったら交渉するので、前回の内容よりも借主に有利な内容で合意する必要があります。

 

そういった意味でも交渉力がある債務整理弁護士に任せる必要があるというわけです。

再和解が成立しない場合のことも考えよう

再和解が成立しない場合のことも考えよう画像

再和解を申し込んでも必ず相手がその交渉に乗ってくるとは限りません。

 

相手も一度は任意整理の交渉に応じているので、それ以上の譲歩は難しいとして、再和解が成立しないこともあります。

 

また再和解の場合だと再和解までの遅延損害金(延滞利息)をカットしてくれなかったり毎月の返済額を下げてくれないなどの交渉は通常の任意整理よりも厳しくなると思ったほうがいいです。

 

そのため交渉がまとまらずに失敗する可能性も考える必要があります。

 

金融業者としては既に合意している条件があるので、再和解するということはその条件では難しく、さらに返済条件を軽くしてほしいということになるので、簡単に応じられないのは当然だと思います。

 

任意整理での再和解が成立する見込みがあるかどうかは、任意整理慣れている弁護士事務所や司法書士に相談すればある程度判断できると思うので、実際に手続きするかどうかは弁護士や司法書士に相談して決めるといいと思います。

再和解できない場合は別の債務整理方法を検討しよう

任意整理再和解できない

 

任意整理での再和解が難しいということなら、別の債務整理方法を利用したほうがいいと思います。

 

無理して再和解の交渉が決裂してしまうと、相手から借金返済を求められて訴訟になってしまう可能性も否定できないので、それなら別の債務整理方法を利用することを検討するといいと思います。

 

具体的には個人再生が自己破産が利用候補になります。

 

個人再生

 

任意整理の次に検討する債務整理方法として一番の候補になるのが個人再生になります。

 

個人再生は任意整理よりも借金の減額幅が大きいという特徴があり、任意整理とは違って借金の元本を大幅に減額することができるという特徴があり、借金額や資産状況によっては最大で借金を10分の1まで減額することができます。

 

ただ任意整理のように特定の借金だけを整理するということはできないので注意が必要です。また依頼料金が任意整理よりも高くなる可能性があるということも覚悟しておきましょう。

 

個人再生は強力な債務整理方法なので、仕事があって毎月借金を返済できる状況にあるなら、十分に完済の可能性が出てくる債務整理方法だと思います。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

 

自己破産

 

自己破産は最強の債務整理方法で、自己破産して裁判所から免責が認められると借金返済の義務がなくなるという非常に強力な債務整理方法です。

 

つまり自己破産が成功すれば借金問題は一気に解決することができるということです。「それなら最初から自己破産すればよかった」と思う方もいますが、自己破産は裁判所から免責を得られないと意味がないので、安易に利用する債務整理方法ではないです。

 

また自己破産すると高額資産が没収されてしまうということも考える必要があります。自動車なども没収対象になってしまうと思うので、自己破産する場合には手続き後の生活も考えて決める必要があります。

 

ただ収入がなくて借金を返済できる見込みがないというような状況なら十分に利用を検討する価値のある手続き方法だと思います。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

まとめ

任意整理再和解まとめ

任意整理で返済が難しい状況になってしまって再和解を検討しているなら、できるだけ任意整理の手続き経験が豊富な弁護士や司法書士に依頼することが重要になってきます。

 

過去に任意整理を依頼した弁護士事務所や司法書士事務所に相談してそのまま依頼してもいいかと思いますが、その事務所から再和解が難しいと言われてしまい、それでも任意整理の再和解を検討したいということなら、別の法律事務所に相談するというのも一つの選択肢だと思います。

 

当サイトでは任意整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので、再和解を検討しているという方には参考になるかと思います。

 

載せている法律事務所は全て無料相談に対応しており、メールや電話で気軽に無料相談を利用できるようになっているので、借金問題を抱えて困っているなら参考になると思います。

 

空いている時間を利用して気軽に無料相談を利用することができるのでよかったら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア