遅延損害金で借金が雪だるま式に増える可能性がある

遅延損害金借金

 

遅延損害金は延滞利息ともいい変えることがことができるもので、借金返済をする中では非常に重要なものだと思います。

 

借金には利息がありますが、それとは別に借金の返済が期日までに払われない場合には遅延損害金(延滞利息)にる罰を受けることになり、支払い負担が増えることになります。

 

つまり借金を滞納してしまうと、借金の元本はもちろんですが、借金の利息さらに遅延損害金の支払いが必要になっていき、そのことによって支払い負担が増え、さらに借金を滞納してしまう要因につながり、その結果、利息と遅延損害金によってどんどん借金が雪だるま式に増えていく可能性が出てきます。

 

そのため遅延損害金が発生しているような状況になってしまったらできるだけ早めに借金問題を解決するような行動を模索したほうがいいと思います。

 

遅延損害金が発生すると対応が遅れれるほど借金状況は悪化していくことになります。

 

借金返済の滞納で生じる遅延損害金とは?

遅延損害金とは

 

遅延損害金は借金返済の期日が遅れた場合に発生する罰金のようなものですが、具体的にどのようなタイミングで遅延損害金が発生し、利息には上限があるのかなど疑問点は多いのではないかと思います。

 

遅延損害金がすでに発生している方はもちろんですが、現在借金返済の状況が厳しくて遅延損害金が発生する可能性があるという方は参考になるのではないかと思います。

 

遅延損害金が発生するタイミングとは?

 

遅延損害金が発生するタイミングは返済期日の翌日からになります。

 

つまり遅延損害金は一日でも遅れるとすぐに発生するということになります。そういった意味では結構タイミングはシビアだということがわかります。

 

とは言っても遅延損害金1日単位で加算されていくので、数日程度の延滞ならそこまで大きな金額にはならないと思います。ただ日数が経過するとそれだけ返済負担が重くなっていくということは理解しておきましょう。

 

返済は基本的には遅延損害金だけを返済するというわけではなく、支払いが遅れている借金の元本と利息、遅延損害金をセットにして返済していくことになります。

 

ただ返済が遅れている場合には、その期間には遅延損害金だけが発生することになり、普通の利息は発生しないということは誤解のないように言っておきます。

 

遅延損害金の利率に上限はあるの?

 

遅延損害金の上限は金融機関によって若干異なってきますが、基本的には遅延損害金の上限金利は年20%以下ということが法律で決まっているので、大手の消費者金融や銀行などは概ね20%くらいのところが多いように感じます。

 

大手の消費者金融はほとんどが遅延損害金を20%と設定しており、銀行は20%のところもあれば、19%台のことろもあったります。

 

ただ基本的には上限金利が20%なので、遅延損害金を計算するなら年率20%で計算するといいのではないかと思います。

任意整理で遅延損害金は免除・減額は可能か?

遅延損害金任意整理

 

遅延損害金が発生してしまい借金返済の負担が重くなってきた場合にどのようにして借金返済の負担を軽くすればいいのかという疑問があると思います。

 

借金を期日通りに返済していけば遅延損害金は発生しないですが、借金額や経済状況によっては返済が厳しくて、どうしても期日までに借金を返済できないという方もいると思います。

 

そういった時に検討すべきなのが債務整理手続きになります。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という手続き方法がありますが、その中でも任意整理は一番利用しやすく敷居が低い債務整理方法だと思います。

 

個人再生や自己破産が裁判所で手続する債務整理方法という一方で、任意整理は債権者と債務者が交渉することによって借金返済条件の変更について合意するという債務整理方法になります。

 

結論から言ってしまうと任意整理を利用すれば遅延損害金はもちろんですが借金の利息も免除してもらうことが可能です。交渉による債務整理方法なので、必ず遅延損害金や利息が免除されるとは言い切れないですが、普通なら免除される可能性は高いと思います。

 

そのため遅延損害金や利息を免除されることになれば借金を完済できる見込みがあるというなら十分に利用する価値はあると思います。

 

任意整理は借金の元本を減額することはできないですが、その分、依頼料金も個人再生や自己破産と比べると安くて、家族や会社に内緒で借金を整理できるというメリットがあります。

個人再生や自己破産での遅延損害金の取り扱いは?

遅延損害金個人再生自己破産

 

任意整理で遅延損害金や借金の利息が免除されるというのは上記で説明していますが、個人再生や自己破産の場合はどうなのでしょうか?

 

個人再生と自己破産での遅延損害金の取り扱いについて下記で簡単にまとめたので参考にしてください。

 

個人再生での遅延損害金は減額・免除は可能か?

 

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、任意整理と比べると費用も手続き期間もかかる債務整理方法になります。

 

結論を言ってしまうと個人再生でも遅延損害金を減額免除することは可能です。というか個人再生は遅延損害金だけでなく借金の利息や借金の元本の減額も可能です。

 

そのため個人再生を利用すれば、任意整理よりも大きな借金減額幅を得られると思っていいです。

 

個人再生は借金額や持っている資産額によって借金の減額幅は違ってきますが、最大で借金を10分の1まで減額できる可能性があります。そのため借金額が大きい方には非常に魅力的な債務整理方法だと思います。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産での遅延損害金は減額・免除は可能か?

 

自己破産は裁判所が免責を認めれば借金返済の義務がなくなるという債務整理方法になります。自己破産に関しては何となく名前くらいは聞いたことがあるという方も多いのではないかと思います。

 

自己破産を利用すれば借金返済の義務がなくなり、事実上借金がゼロになるので、遅延損害金はもちろんですが借金の元本や利息の返済義務もなくなります

 

そのため借金返済そのものの必要がなくなるという非常に強力な手続き方法になります。

 

ただ持ち家や自動車などの高額資産をそのまま残すことができないなどのデメリットがあることは事前に確認して手続きするようにしましょう。

 

参照:自己破産とは

遅延損害金を免除してもらう場合の弁護士・司法書士の選び方

遅延損害金弁護士司法書士選び方

 

遅延損害金を免除してもらうためには債務整理手続きを利用することになりますが、上記で解説したようにどの債務整理方法を利用したとしても遅延損害金の負担は減らすことができます。

 

そのため遅延損害金を含めた借金の負担を小さくするなら債務整理手続きをしっかりと成功させる必要があります。

 

つまり遅延損害金を免除してもらうなら、しっかりと債務整理手続きを成功させてくれる弁護士事務所や司法書士事務所を選ぶ必要があるということになります。

 

そもそも債務整理に失敗があるのか?と思う方もいますが、失敗する可能性はもちろんあります。

 

任意整理だと交渉で返済条件について合意する債務整理方法なので、債権者との交渉に失敗して返済条件で合意できなかったら手続きは失敗することになります。また個人再生は再生計画案について債権者から承認を得られないと手続きが失敗に終わる可能性があり、自己破産は裁判所から免責を得られないと借金が免除されないので失敗ということになります。

 

このように遅延損害金を含めた借金負担を軽減するために債務整理するなら、できるだけ失敗の可能性を排除するために経験豊富な弁護士や司法書士に手続きを依頼することが大事になってきます。

 

債務整理案件をメインにやっている弁護士事務所や司法書士事務所を選ぶおが重要なポイントになってくると思います。

まとめ

遅延損害金任意整理まとめ

 

遅延損害金が発生するのは借金返済が遅れているからなので、単純な支払い忘れならともなく、支払い負担が重くて借金の支払いが遅れているなら債務整理を検討したほうがいいと思います。

 

遅延損害金が発生するということはすでに借金の負担がかなり重くなっているというシグナルになっているので、遅延損害金が発生したタイミングで一度は弁護士や司法書士に借金返済に関する相談をしてみてはどうでしょうか。

 

債務整理手続きに関しては依頼費用が必要になりますが、その前段階である相談なら無料相談をやっている弁護士事務所や司法書士事務所があるので、とりあえず一度話を聞くだけでもためになると思います。

 

当サイトでは債務整理や借金問題に関する無料相談を受け付けている事務所を載せているので、どの法律事務所に借金問題を相談したらいいのか悩んでいるなら参考になると思います。

 

載せている弁護士事務所や司法書士事務所は無料相談をメールや電話でも対応しているので、いきなり法律事務所に出向いて借金問題を相談するよりは相談しやすいのではないかと思います。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金