家賃の滞納分は任意整理で減額することはできるの?

家賃滞納任意整理

 

借金返済が難しくなってくると賃貸で借りているアパートやマンションの家賃を払えなくなってしまうことは珍しいことではないと思います。

 

家賃は毎月発生する費用で、比較的金額が大きいことから、借金返済する金額が大きい場合には負担になってしまって、返済に行き詰っている状況だと家賃を払うことができずに滞納してしまって、大家さんから強制退去を通知されてしまうということも普通にありえます。

 

何カ月も家賃を滞納している状況だと借金でかなり追い詰められていると思うので、返済に行き詰ってしまって任意整理を含めた債務整理手続きを検討している方もいると思います。

 

は任意整理で家賃を整理して支払い負担を軽くすることは可能なのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと滞納した家賃は任意整理の対象にすることは可能です。ただ家賃を任意製の対象にすることでどのような影響があるのかということはあらかじめ理解してから手続きを検討する必要があると思います。

 

任意整理をすると強制退去させられる可能性がある!

任意整理強制退去

 

任意整理は借金をしている債務者がお金を貸している債権者と交渉して返済負担を軽くするという債務整理方法なので、滞納している家賃を任意整理するなら大家さんなどを相手に交渉することになると思います。

 

交渉によって返済負担を軽くするという債務整理方法なので、弁護士や司法書士が任意整理の交渉をすることによって返済負担が軽くなる可能性はありますが、逆に任意整理をすることによって相手から立ち退きを求められる可能性もあるので注意が必要です。

 

ただ任意整理はそこまで借金減額幅が大きい債務整理方法ではないので、任意整理をしたからと言って必ず立ち退きを求められるというわけではなく、対応する大家さんや交渉する弁護士や司法書士の手腕によっては返済負担を軽くして、そのまま住める可能性もあります。

 

個人再生や自己破産などの、借金をがっつりと元本から減額するような債務整理方法で滞納した家賃を債務整理すると立ち退きを求められる可能性は高いですが、任意整理だとどういう判断になるのかは微妙です。

 

ちなみに滞納している家賃がない状況で任意整理するなら強制退去する必要はないので安心してください。

 

では任意整理などの借金整理手続き以外に、家賃滞納の問題を解決する方法はないのでしょうか?

家賃滞納を任意整理に頼らず解決する方法とは

家賃滞納解決方法

 

家賃滞納を任意整理に頼らず解決する方法として3つの方法が考えられますので、家賃を滞納してしまった場合にはすぐに任意整理するのではなく、下記の方法を検討してから、最終的に難しいと感じたら任意整理を検討するといいと思います。

 

下記のような対策方法は、家賃を滞納した初期に行うことが効果的だと思います。滞納を続けてどうしようもない状況になってからだと利用しにくい方法なので、家賃を滞納しそうになった段階で早めに下記のような方法を検討するようにしましょう。

 

家賃滞納を任意整理に頼らず解決する方法
  • 大家さんや管理会社と話し合う
  • 公的支援制度を利用する
  • 親や親戚から借金する

 

大家さんや管理会社と話し合う

 

家賃を払うことが難しい状況になってしまったらできるだけ早めに大家さんや管理会社の方と話し合うことが重要になってきます。家賃を滞納しそうになったら早めにこうした債権者の方と話しておくことで、支払いを少しの期間くらいは待ってくれる可能性があります。

 

話し合いの際には、家賃を支払う日時などを明確にしたり、分割払いなどの具体的な支払い方法の提案をするようにすると交渉に応じてくれる可能性があります。単純に「待ってほしい」と言うだけだと、「支払いの見込みがないのではないか」と不信感を持たれてしまう可能性があるので、しっかりと先の見込みを伝えることが重要です。

 

仮に現在支払いの見込みが立たない場合でも、少額でもいいので手元に用意できる分だけでも支払っておくと相手に誠意を伝えることになるので、話し合いでは具体的な対策方法を提示し、少額でもいいので家賃を支払う姿勢を見せることが重要になってきます。

 

公的支援制度を利用する

 

意外と知らない方も多いかと思いますが、住宅を喪失する恐れのある離職者などを対象に住宅救援給付制度というる賃金住宅の家賃給付制度があります。

 

離職後2年以内で65歳未満や、ハローワークに求職申込みを行う予定、申請者や同居家族の収入が規定以下などの利用条件がありますが、状況を満たすことができれば原則3カ月分を受給することが可能で、状況によっては最大で9カ月分を受給することもできます。

 

そのため仕事を退職してしまって収入のあてがないという状況になってしまったらこの制度を活用して、次の仕事が見つかるまで家を確保するということが可能になります。

 

支給額は市区町村によって差があるので、具体的な制度や金額は最寄りの役所で話を聞いてみるといいと思います。

 

親や親戚から借金する

 

家賃を滞納している状況での最終手段としては親や親戚などから借金するという方法があります。

 

気軽にお金を借りられるような親子関係や親戚関係ならいいですが、そういった関係ではない家庭もあるので最善の方法とはいいがたいですが、頼れる可能性があるなら頼るのも一つの方法だと思います。

 

また賃貸契約する際に親が連帯保証人になっているような状況だと、自分が家賃を滞納して返済できない状況になってしまったら、連帯保証人である親に迷惑をかけることになるので、親が保証人になっているケースだとどちらにしろ最終的に親に家賃滞納が知られてしまう可能性が高いです。

 

友人などに家賃を借りる方もいますが、友人から返せるかどうかわからないお金を借りるとトラブルの元になるので、追い詰められた状況で友人から借金するのはおすすめできません。

強制退去を避けながら任意整理で借金減額する方法

家賃任意整理方法

 

家賃を債務整理すると現在住んでいる家から追い出されてしまう可能性が出てくるため、家にそのまま残りながら借金返済の負担を軽くする方法はないのかと思う方も多いと思います。

 

「そんな都合のいい方法があるわけないじゃん!」と言いたいところですが、そういった都合のいい方法がないわけではないです。

 

任意整理は交渉によって返済負担を軽くする債務整理方法で、個人再生や自己破産とは違って整理対象にする借金をこちらで選ぶことができるというメリットがあります。

 

つまり任意整理を利用すれば、家賃以外の借金を整理して、その整理して余裕ができた余力を利用して家賃は自力で返済するという方法も考えることができるということです。

 

家賃を滞納する方は、家賃以外にもおそらく消費者金融やカード会社などから借金があると思うので、こういった借金を任意整理で整理して返済負担を軽くして、その分を滞納家賃の返済に充てればいいということです。

 

この方法なら家賃は任意整理の対象にならないので、家を強制退去することなく借金返済の負担を軽減することができます

 

ちなみに個人再生や自己破産は全ての借金が整理対象になってしまうので、滞納した家賃だけを除外して債務整理するという事はできません。そのため任意整理ならではの返済方法だと理解してください。

任意整理後の引越しで入居審査に不利になる可能性は?

任意整理後引越し入居審査

 

任意整理などの債務整理手続きをしてしまった結果、家を追い出されることになってしまったら、引っ越しして次の家を探す必要に迫られることになりますが、任意整理などの債務整理手続きをすることによって、入居審査など次の家探しで不利になることはありえるのでしょうか?

 

任意整理を含めた債務整理手続きをすると、信用情報がブラックリストに登録されてしまい、ローン審査やカード審査に影響が出てしまい、クレジットカードが作れなくなったり、ローンを組めなくなるなどのデメリットが発生することになります。これは信用情報機関のデータを見て審査を行っているからです。

 

では賃貸仲介業者はこういった信用情報機関のデータを照会して入居審査を行ったりするのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと信用情報がブラックだったとしても入居審査に影響することはないと思います。基本的に賃貸仲介業者は信用情報をチェックしないので、信用情報がブラックだったとしてもそれを把握されることはないです。

 

ただ賃貸契約を結ぶ際に連帯保証人を求められることがあり、その際に家賃保証会社を利用する場合には注意が必要です。連帯保証人が用意できない状況だと家賃保証会社を利用することになると思いますが、家賃保証会社は金融業者なので信用情報をチェックしています

 

そのため任意整理などの債務整理手続きをすると家賃保証会社からサービス利用を断られてしまう可能性はあります。

 

直接的に任意整理後に入居審査に不利になることはないですが、家賃保証会社などのサービスを受ける際など、間接的に不利になる可能性はあるので注意しましょう。

まとめ

家賃滞納任意整理まとめ

 

滞納した家賃は任意整理対象にすることができますが、任意整理することによって大家さんなどから退去を申し渡される可能性があるということを知っておく必要があります。

 

これは任意整理だけでなく、個人再生や自己破産でも同じことで、むしろ借金の減額幅が大きい個人再生や自己破産の方が退去を申し渡される可能性は高いです。

 

任意整理は交渉によって返済条件を変えてもらう債務整理方法なので、大家さんの心境や交渉する弁護士や司法書士の手腕によっては条件次第でそのまま家に残れる可能性もがあります。

 

どうしても現在の家から退去せずに借金返済の負担を減らしたいというなら、滞納した家賃は任意整理の対象には含めずに、家賃以外の借金を任意整理で整理するといいと思います。家賃以外の借金の任意整理でも整理することによって借金全体の負担はは小さくなので、滞納した家賃を返済できる余力ができる可能性があります。

 

家賃を滞納してしまって返済に困っているなら、自分で全てを解決しようとはせずに、まずは弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用するといいと思います。債務整理案件に強い事務所は、こういった家賃滞納を含めた借金問題について慣れているので話を聞くだけでも参考になると思います。

 

当サイトでは家賃滞納を含めた借金問題について、無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので参考にしてください。載せている法律事務所はメールや電話による無料相談が可能なので、空いている時間に気軽に借金問題を相談することが可能です。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金