任意整理相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

任意整理中や手続き後に引越しすることは珍しくない

任意整理引越し

 

任意整理は債務者と債権者が交渉して借金の利息を免除するなどして、毎月の返済負担を小さくしていくという債務整理方法で、個人再生や自己破産などの他の債務整理方法とは違って、裁判所が関わってこないということもあり、手続費用は比較的安く、手軽に利用できるという側面がある債務整理方法です。

 

また任意整理などの債務整理方法で借金整理する方の中には、心機一転して引越しをする方も珍しくないです。今後の返済見通しを立てる中で、今住んでいる場所よりも家賃が安い場所に引越しを検討するというのは普通にありえることです。

 

任意整理手続き期間中は借金返済の必要がなくなるので、その間に少しだけ経済的余裕ができるということもあり、手続き期間中に引越しを検討する方もいるのではないかと思います。

 

ではそんな任意整理整理手続き中や任意整理後に引越しする場合には、手続きに影響が出てしまったり、手続きが失敗してしまうということはありえるのでしょうか?

 

任意整理すると現在住んでいる賃貸物件から追い出されるのか?

任意整理賃貸物件

 

任意整理を利用する場合に気になるのが現在住んでいる賃貸物件から追い出されてしまう可能性があるのかということだと思います。現在住んでいる家から追い出されることになってしまったら、強制的に引越しを考える必要があります。

 

結論を言ってしまうと現在住んでいる賃貸物件を任意整理をしたからといって、必ず追い出されるというわけではないです。ただ家賃を滞納していて、滞納している家賃を任意整理の対象にしているようなケースだと、借金の一部を踏み倒すことになるので賃貸物件を追い出されてしまう可能性があります。

 

ただ任意整理は借金の元本を減額することは難しいので、仮に滞納している家賃を任意整理の対象にしたとしてもそこまで大きな減額幅にはならないと思います。そういった意味では任意整理をしたとしても、大家さんの配慮で残れる可能性があります。このあたりは大家さんとどのような関係性なのかが影響してくると思います。

 

もし現在住んでいる家にそのまま住みたいということであれば、最初から家賃を任意整理の対象から除外するというのうが一番安全だと思います。任意整理は整理する借金対象をこちらで選択することができるのでこういった選択肢も選ぶことができます。

 

個人再生や自己破産だと家賃を滞納しているとこちらで整理対象を選ぶことができないので、賃貸物件から追い出される可能性は十分にありますが、任意整理なら退去を避けようと思えば十分に避けられるので、心配する必要はないと思います。

任意整理による引越しへの影響とは

任意整理引越し影響

 

任意整理をしたからといって引っ越しできないわけではないです。

 

任意整理後ならどこに引っ越しても問題はないですが、任意整理手続き中の引越しについては、任意整理を依頼している弁護士や司法書士くらいには伝えておくようにしましょう。

 

自己破産などの裁判所が関係する債務整理方法のケースだと、裁判所の了解を得る必要があったりと面倒な手続きが必要だったりしますが、任意整理は裁判所が関係しない債務整理方法なので、引越しに制限が生じることもないです。

 

ただ任意整理すると信用情報がブラックリストに登録されてしまうので、その事によって若干影響を受けることになります。信用情報は借金の経歴のようなもので、任意整理するとその情報が信用情報機関に共有されることになり、金融業者やカード会社などで債務整理したということが知られることになります。

 

そのため新たに借金したり、クレジットカードが作れなくなってしまうなどのデメリットが生じる可能性があります。

 

引越しに関しては直接影響はないですが、仮に子供など家族が引越しをする場合に、賃貸物件の保証人を求められたとしても、信用情報がブラックリストに登録されている状況だと賃貸の保証人になるのは難しいと思ったほうがいいです。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

任意整理後は賃貸物件の契約に影響が出る可能性がある

任意整理賃貸物件契約

 

任意整理中や任意整理後は上記で解説したように、引越しに関して大きな規制もないので、引越しすること事態に大きな問題は発生しないと思います。

 

ただ任意整理を含めた債務整理後には賃貸物件の契約の際に影響が出てしまう可能性があります。その理由は債務整理することによって信用情報がブラックリストに登録されてしまうためです。

 

信用用情報がブラックリストに登録されてしまうとローンを組んだり、クレジットカードが利用できなくなるなどのデメリットが発生しますが、一般的な不動産業者は信用情報をチェックしてないので、仮に債務整理したとしても信用情報がブラックなのか判断できないため、普通は契約に問題が生じることはないです。

 

問題は家賃保証会社を利用する際に、その会社が信販会社などの金融関係の会社であるようなケースです。物件によっては保証会社が指定されているケースがあり、その会社が金融関係の会社だと、信用情報をチェックしているの一般的です。

 

つまり保証会社が金融関係ということだと、任意整理したことで信用情報がブラックだということが知られてしまい、その事によって保証利用を断られてしまい、賃貸契約を結べないという可能性が生じるということです。

 

しかしこういった物件はそこまで多くはないですし、そういった物件を避けて選べば普通に賃貸物件を見つけることはできると思います。あくまでもこういった可能性もあるという意味で知っておいてください。

任意整理を検討しているなら無料相談から

任意整理無料相談

 

任意整理を利用して借金問題を解決したいと思っているなら、できるだけ早めに弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用するといいと思います。

 

借金問題はそのままにしていると利息などによって返済負担はどんどん重くなっていきますし、借金の滞納が続けば最終的には強制執行によって資産や給料が差し押さえになってしまいます。

 

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産という手続方法がありますが、任意整理なら賃貸物件でも家賃を整理対象から除外することができるので、引越しすることなく借金整理することができます。また任意整理は裁判所が関係しないので、他の手続方法とは違って家族にバレにくいという側面もあります。

 

ただ任意整理は他の債務整理方法と比べると借金の減額幅が小さいので、任意整理後に借金を完済できる見込みがあるのかということが大事になってきます。任意整理後でも借金が完済できないということだと、任意整理する意味がないです。

 

そのため自分にとって任意整理が最適な債務整理方法なのかということを知るという意味でも、任意整理の利用を予め決めていたとしても無料相談利用して完済までも展望や道筋などについて相談しておくと良いと思います。

 

当サイトでは任意整理を含めた債務整理手続きに対応している弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。メールや電話による無料相談可能な事務所を載せているので、相談先で悩んでいるなら下記が参考になると思います。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア