任意整理をすると生命保険は強制解約されるのか?

任意整理生命保険強制解約

 

任意整理を利用して借金を整理したいと思う方は多く、実際に債務整理手続きの中でも任意整理手続きが一番多く利用されています。

 

そんな任意整理手続きを利用する際に、任意整理で借金を整理すると生命保険が強制解約されてしまうのではないかと不安の感じる方もいると思います。

 

長年生命保険をかけていたのに、任意整理をすることで急に生命保険が解約されてしまったら困るという方もいるのではないでしょうか。

 

しかし結論を言ってしまうと、任意整理を利用して借金を整理したとしても生命保険が強制解約されることはないです。そのため生命保険の強制解約が不安で生命保険が利用できないということはないので安心してください。

 

任意整理は他の債務整理方法と比べると現在の生活に与える影響が小さい債務整理方法です。だからこそ一番利用される債務整理方法なのではないかと思います。

 

生命保険には掛け捨て型と積立型がある!

生命保険種類

 

生命保険には掛け捨て型と積立型の生命保険がありますが、どちらを利用しているのかによって債務整理で影響を受ける可能性が違ってきます。

 

そのため生命保険のそれぞれの特徴について簡単に解説しようと思います。

 

掛け捨て型生命保険の特徴

 

掛け捨て型の生命保険は支払った保険料が戻ってこない生命保険で、保険期間が一定期間という定期タイプの保険だと思っておくといいと思います。

 

具体的には医療保険やがん保険などの定期のものは掛け捨て型の背保険になります。

 

掛け捨て型の保険は保険料が安いという特徴があるので、どちらかということ若い方が利用することが多いのではないかと思います。

 

掛け捨て型の生命保険は解約返戻金がないので、債務整理をしたとしても影響が全くないという特徴があるので、掛け捨て型の保険しか入ってないなら任意整理を含めた債務整理手続きで気にする必要はないです。

 

積立型生命保険の特徴

 

積立型の生命保険は保険としての保障機能はもちろんですが、それに貯蓄機能も加わっている保険商品で、保険期間が一生涯になる終身保険や一定期間のものもあります。

 

生命保険以外にも学資保険や個人年金保険なども積立型の保険という分類になるのではないかと思います。保険と積立の両方が可能な商品なので保険料金が高額という側面もあります。

 

そのため、なかなか貯蓄できない人が将来のことを考えて積立型の生命保険で強制的に貯金をするという蓄財方法もあるようです。

 

ただ積立型の生命保険は解約返戻金という保険を解約したり解除された場合に払い戻されるお金があり、債務整理ではこの解約返戻金が資産計上されてしまうので、債務整理手続きによっては影響が出てしまう可能性があります。

個人再生や自己破産は生命保険による影響がある

個人再生自己破産生命保険

 

任意整理手続なら掛け捨て型の生命保険でも積立型の生命保険のどちらにも影響を与えることなく借金を整理することができますが、個人再生や自己破産のような強力な債務整理方法は違います。

 

個人再生や自己破産のような借金の減額幅が大きい債務整理手続の場合だと、自分の生活に与える影響が大きくなるので、事前にどのような影響が出るのか理解しておかないと後悔することになります。

 

下記で個人再生と自己破産それぞれの生命保険に与える影響をまとめているので参考にしてください。

 

個人再生は借金の減額幅に影響

 

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、手続きが複雑で難しいため弁護士などの専門家に依頼して手続きしてもらうのが一般的な債務整理方法です。

 

個人再生では掛け捨て型の生命保険なら手続きに影響を与えることはないですが、積立型の生命保険だと解約した際に払い戻される解約返戻金が資産として扱われてしまうことになります。

 

個人再生では解約返戻金が資産として扱われることによって、個人再生での借金の減額幅に影響することになります。つまり個人再生では資産が多ければその分だけ清算価値として計上されてしまい最低弁済額に影響が出るということです。

 

解約返戻金の金額が大きければそれだけ借金の減額幅も小さくなってしまうので注意が必要です。しかし、基本的に個人再生をしたからといって生命保険が強制解約されるということはないです。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

 

自己破産は強制解約される可能性がある

 

自己破産も裁判所で手続する債務整理方法ですが、任意整理や個人再生とは違って自己破産は裁判所が免責を認めれば借金返済の義務がなくなるので、借金問題をキレイに解決することが可能な債務整理方法です。

 

そのため借金問題を抱えている方からすると非常に魅力的な手続き方法だと思います。ただ自己破産すると生命保険を強制解約されてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

自己破産すると20万円以上の高額資産は没収対象になってしまいます。生命保険の場合は解約した際に戻ってくる解約返戻金が資産として扱われるので、解約返戻金が20万円以上だと高額資産として没収対象になってしまいます。

 

これは生命保険に限ったことではなく、持ち家や自動車などが没収されてしまうのも価値が20万円以上という高額資産のためです。

 

そのため解約返戻金が20万円に満たないような状況なら解約せずにそのまま生命保険を維持できる可能性があります。この辺りはケースバイケースだと思います。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

任意整理後に生命保険の加入は可能?

任意整理後生命保険加入

 

任意整理を利用した際に気になるのが、手続き後に生命保険に加入できるのかということだと思います。

 

任意整理に限ったことではなく、個人再生や自己破産など債務整理手続きをすると、信用情報がブラックリストに登録されてしまい、借入やローン、クレジットカードの審査に通らなくなってしまうなどの金融面でデメリットが生じることになります。

 

そのため債務整理手続きをして、信用情報がブラックリストに登録されてしまうと生命保険に加入することができないのではないかと思ってしまう方もいます。

 

ただ結論を言ってしまうと、任意整理などの債務整理手続きをして信用情報がブラックにリストに登録されてしまったとしても生命保険には加入することが可能です。

 

生命保険は別に借金をしているわけではなく、仮に生命保険の支払いが滞納したら保険が失効するだけです。

 

信用情報をチェックするのはあくまでも「返済能力を調べる」ためのものなので、生命保険のように借金やローンなどのような借入がないようなサービスは普通に利用することができます。

まとめ

任意整理後生命保険まとめ

 

任意整理を利用して借金を整理したとしても生命保険を強制解約されてしまったり、借金の減額幅に影響が出るという心配はないです。

 

ただ個人再生や自己破産などの任意整理以外の債務整理方法の場合だと、解約返戻金が発生する積立型の生命保険を利用していると生命保険い影響が出る可能性があります。

 

個人再生だと解約返戻金が清算価値として資産計上されてしまい借金の減額幅が小さくなる可能性があり、自己破産だと解約返戻金が20万円以上だと高額資産だと認識されてしまい強制解約されてしまう可能性があります。

 

任意整理なら積立型の生命保険でも強制解約されてることもなく、借金の減額幅にも影響はでないので、生命保険への影響は無視しても大丈夫だと思います。

 

ただ任意整理などの債務整理手続きを利用する場合には事前に弁護士や司法書士の無料相談を利用して詳しい話を聞いてから決断するといいと思います。

 

当サイトでは任意整理に慣れている無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せています。メールや電話で気軽に無料相談が可能な法律事務所を載せているので、任意整理を検討していたり借金問題を抱えているなら気軽に無料相談をしてはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても任意整理は可能です!
任意整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別に任意整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

任意整理対応の弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

任意整理料金費用安い
任意整理分割払い後払い
任意整理着手金無料
任意整理女性専用

任意整理する理由や状況から選ぶ

カードローンキャッシング
クレジットカード
株取引FX
養育費慰謝料
ギャンブル
母子家庭
サラ金
闇金